ヤスヤス

スペース カウボーイのヤスヤスのレビュー・感想・評価

スペース カウボーイ(2000年製作の映画)
3.7
老人ネタで笑いを取るコメディ要素あり、ちょっとしたラブロマンスあり、後半は「アルマゲドン」的なSFアクションありで楽しめる作品。
いつもの偏屈だが頼りになるクリント・イーストウッドは健在だが、本作は4人チームでの活躍を描くため、印象は薄め。代わりに終盤のトミー・リー・ジョーンズが「グラン・トリノ」のイーストウッドを思わせる行動をみせる。
ただ、トミー・リー・ジョーンズには、BOSSのCMの印象がつきすぎでいて、宇宙空間でのトミー・リー・ジョーンズが「宇宙人ジョーンズ」にしか見えない問題が発生している。