僕はジャックの邪な心です

ギャングスター・ナンバー1の僕はジャックの邪な心ですのレビュー・感想・評価

4.0
もし時計じかけのオレンジのアレックスがギャングスターデビューしていたら…。
もしスカーフェイスが捻くれていたら…。

妻を犯された小説家[アンソニー・バージェス]がアレックスの帰還に興奮するあの顔をベタニーが再演、老主人公のマクダウェルの若かりし狂気の日々(主にアレックス)をベースに若主人公はギャングスターロードを歩んで行く様はクールでスタイリッシュ、あばよマキシー。

パルプ・フィクションもあるよ!