やし

ザ・ビーチのやしのレビュー・感想・評価

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)
3.5
【あの日の思い出レビュー】


特大ヒット作『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオ、
大ヒット作『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督。

当時ノリノリだった二人がタッグを組んで、怖いものなしの話題作だったが、興行成績的には失敗に終わった本作。

本作がきっかけとなってロケ地となったピピ島に観光客が殺到、環境破壊となってしまったことでも有名。



薄暗いタイの路地裏、怪しげな雰囲気と非日常な刺激を求める若い旅行客たち

幻のビーチでの夢の楽園生活

徐々に明らかになる楽園の裏

裏と表は一体だという現実



集団生活の中で重篤患者を巡る意見の相違が生まれるシーン(病院へ連れて行く、看病する、見捨てる等)は印象的。


現実への不満と、"今いる場所以外"での漠然とした希望を持って海外に旅立つ若者に観てほしい作品。

あと、
"サエナイ君"、"モテナイ君"、"ウソツキ"君、"コワレル君"を演じるレオが観られる作品。


個人的には好みの作品。