結湖

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還 特別篇の結湖のレビュー・感想・評価

3.7
今年最大のお祭り『スター・ウォーズ フォースの覚醒』に向けて、あえて時系列で復習。
エピソード6は、ついに明らかになったルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の出自、それによって紡がれる因縁のダース・ベイダーとの対決を軸に、帝国と反乱軍の最大の攻防、ダース・ベイダーの師であり、銀河帝国皇帝であるダース・シディアスとの決戦を迎えます。

惑星エンドアで出会うイウォーク族。ちっさい熊みたいなの。私は似てると言われたことがあります。そんなに毛深くないわい!可愛いけど、なんだろう、複雑な気持ちです。
言われたとき、全く思い出せなくて、説明を聞いて、あ、そんなの居たわって感じだったんだけど、今回見返してみて、超重要じゃん、イウォーク。なんで忘れてんだよ、私。己のがっかり脳を改めて思い知りました。
さて、今作で復習も最後。
スター・ウォーズってなにがいいって、勧善懲悪モノなのに、善と悪は表裏一体であるってことを描いているとこだと思うんですよね。ダース・ベイダーの挫折と復活の物語である全6作は、彼の善と悪の葛藤が生み出したドラマでもあるんですよね。象徴的な完全悪のダース・シディアス(Wikiったら彼の立身出世物語(意訳)でもあるって書いてて、なるほどと思った。)はともかく。
なので、エピソード6のタイトルは『ジェダイの帰還』。お見事です。特別編なので最後のルークが観たジェダイのお歴々の中に彼がいるんですが、1から観てるとそれだけでちょっと泣けるよね。

これで全作見終わった~!
この勢いで明日、見に行きたいけど、チケット取ってないんだよね。田舎だし、大丈夫かと思ってさぁ。平日の18:30ってギリギリの時間なのよね。(最寄りの映画館が隣の市なのですよ。私の住んでる市内には映画館はありません。)
まぁ、これでいつでも見に行けるし!(祭りって言っておきながら、この体たらくですみません。)
2015/12/17:オンデマンド(字幕)