「長屋紳士録」に投稿された感想・評価

のび
3.9
映画『長屋紳士録』は、東京の下町を舞台にした”拾い子"をめぐる人情劇。現代のわたしたちの目から見ると、”拾い子”を引き取ったおたねが男の子へ向けるまなざしは、時に冷たく感じるほどにドライだ。だからこそ、後半になってようやく芽生えた愛情がより温かく感じる。ああ、人間の思いやりはまだ捨てたもんじゃないなと。

けれども物語の最後では、ほっとした気持ちを抱いたわたしたちの目の前に戦後すぐの現実が映し出される。その現実は、戦後の東京に残された戦争の生々しい傷跡と言っていいだろう。そんな傷跡は物語が終わったあとも、あの現実はどうなったのだろうと、わたしたちの心をざわざわとさせる。

この映画は、空が印象的な映画だ。本作には戦後すぐの東京の姿が映し出される。激しい空襲のあとを思い起こさせるような、むき出しの土だらけの東京。ようやく瓦礫が片付いたばかりのようにも見える。まだまだ戦争の傷跡はあちこちに残されている。

ただ、そのような東京の空は大きく広がっている。これがカラーの映画だったら、青く透きとおった空がどこまでも広がっているのだろう。人々の上には、青い空が戦争の傷跡を見つめている。モノクロ映画にもかかわらず、画面に映し出される終戦直後の空が、やけに心に響く一本と言える。
TA
5.0
真正面の無言のカットバックは、画面に向けらていた現在の視線が唐突にフィルム内の役者その人自身に出くわしてしまったような怖さがある。
笠智衆の唄のシーン、ラストのショットがめっちゃ良い。
xxx
3.7
小津の描く 人と人との繋がりは おかしくて、ほろ苦くて、切なくて、やさしい。

笠智衆の唄もご健在。

このレビューはネタバレを含みます

個人的に語気が強い女性が得意ではないのでおたねの冒頭の少年に対する態度も、再び少年を迎えた時の手の平返しのような態度も正直好かなかった。が、戦後の大人達の余裕のなさを反省している終盤のシーンは良かった。
最後の上野公園のシーンは戦後の東京に残された少年達の心細さと遣る瀬無さを感じさせた。

にしても1947年の日本からすれば2017年にこんな時代が来るとは想像がつかなかっただろうなあ。
長屋で暮らしているおたねは親とはぐれた少年の面倒をみることに。
初めは嫌々だったおたねだったが、次第に心を開き、子供を持つことの喜びを知って行くのだった。

小津安二郎作品は「好きか?」と聞かれたら「普通」と答えるレベルでしか観たことないんですが、こりゃたまげた面白い!
戦後2年目でも日本人って意外と生活できてんだなぁと。

そしてベタなのに泣かされる話運び。
西郷隆盛の後ろ姿とおたねの後ろ姿が重なるラストカットの素晴らしさよ…!

ちなみに結構笑えたのが、
おたねが少年のことを気に入って、犬が尻尾を振ることに例える場面で

きく女「あなたのは太くて長いの。土佐だからね。ブルも少し混じってるわね」
おたね「冗談じゃないわよ。ぶつよ!」
といってるおたね役の飯田蝶子がめっちゃ犬顔なところ。
shuuhey
3.9
ああ泣いちゃうやばい、ってとこでおばさんがマシンガンの如く心情吐き出しちゃうから冷めちゃう。題材どストライクやのに勿体無い。おばさんの背中も子供の背中も一番いいタイミングで印象的に見せてるのがいい。
てぃだ
3.5
確かにこの人怒ってない普通の顔でも結構こわい笑。人は見た目が9割ってか。ごめんなさい。第一印象ってやっぱ大事よね。
kana
4.5
20170501
少しずつ心開く少年とおばあちゃん。少年がいちど家を出て行ってから、おばあちゃんは少年への気持ちに気づく。
動物園で少年をみつめるおばあちゃんの嬉しそうな顔。
写真屋さんのシーンは微笑ましい。
心が打ち解けたと思ったところでお父さんが迎えに来る。突然の別れに。
子供は当たり前のように、言われた通りに、さようなら、といい出て行ってしまう。
かなしくて泣いてるのかと思ったら、
「不人情な父親なのかと思っていたらちゃんとした人がきて、あの子がこれから家族と2人で暮らしていけるだろうと思うと嬉しい。」という。
最後は西郷さんの銅像の前で、タバコを吸ったり、寝転がったりする子供達。西郷さんの後ろ姿がラストカット。
pappo
2.0
昔は今よりも捨て子とか、結構あったのだろう。
>|