長屋紳士録の作品情報・感想・評価

「長屋紳士録」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.9
映画『長屋紳士録』は、東京の下町を舞台にした”拾い子"をめぐる人情劇。現代のわたしたちの目から見ると、”拾い子”を引き取ったおたねが男の子へ向けるまなざしは、時に冷たく感じるほどにドライだ。だからこそ、後半になってようやく芽生えた愛情がより温かく感じる。ああ、人間の思いやりはまだ捨てたもんじゃないなと。

けれども物語の最後では、ほっとした気持ちを抱いたわたしたちの目の前に戦後すぐの現実が映し出される。その現実は、戦後の東京に残された戦争の生々しい傷跡と言っていいだろう。そんな傷跡は物語が終わったあとも、あの現実はどうなったのだろうと、わたしたちの心をざわざわとさせる。

この映画は、空が印象的な映画だ。本作には戦後すぐの東京の姿が映し出される。激しい空襲のあとを思い起こさせるような、むき出しの土だらけの東京。ようやく瓦礫が片付いたばかりのようにも見える。まだまだ戦争の傷跡はあちこちに残されている。

ただ、そのような東京の空は大きく広がっている。これがカラーの映画だったら、青く透きとおった空がどこまでも広がっているのだろう。人々の上には、青い空が戦争の傷跡を見つめている。モノクロ映画にもかかわらず、画面に映し出される終戦直後の空が、やけに心に響く一本と言える。
ちんみ

ちんみの感想・評価

3.2
いい映画でした。
 オヅ映画恐らく最高傑作。これもまた(この映画は擬似的なものだが)家族崩壊を描く映画ではあるけど、もう一方の血縁で結ばれた家族は関係を回復するわけだし、子供を育ててみてケチだった価値観が変わる、いま戦争孤児がいっぱいいるから皆育てよう!っていう子供への温かさに溢れた映画だった。
 この後のオヅ映画がどんどん一家族で完結する内向的な映画になっていくのに比べて、時勢に照らし合わせた外への発信力があるからいいんだな。
中盤くらいまでおたねさんマジ鬼ババア。
相手が子どもとかそんなの関係なくガチめに睨みをきかせて悪態ついてくる怖いおばちゃん。そら坊やも逃げ出すわ。

でもね。

鬱陶しく思ってた坊やがだんだん可愛くなってきて、坊やもおばちゃんに懐いてきて、いよいよ2人で生きていくって気持ちが固まったところでクライマックスやってくる。
おたねさんの心情の変化がとても心に沁みた。

あと、こんなに若い笠智衆さん観たの初めてかも。のぞきからくりの唄がまた素晴らしい。
小津作品ではいつもお人好しの優しいおばちゃん役の飯田蝶子がちょっと意地悪ばあさん風で面白い。結局はいい人になっちゃうんだけど...

このレビューはネタバレを含みます

2013年4月24日、鑑賞。 

敗戦直後の下町長屋を舞台にした小津安二郎監督の人情ドラマ。喜劇的要素もあり。 

ある男(笠智衆)が九段から子供がついて来てしまったため、「子供いらんかな~」と近所に聞いて回る所は、のどかであり、おおらかな時代を感じさせる。この場面、結構笑える。 
そして、飯田蝶子がクジ引き(インチキの)で、子供を返すために茅ヶ崎の海岸付近まで行くが、父親は見つからない。茅ヶ崎の浜辺で、二人がおにぎりを食べる場面がイイ。 
そして、しばらく子供と一緒に住むうちに飯田蝶子も情がわいてきて、二人で写真を撮影したりするが、父親(小沢栄太郎)が連れ戻しに来る。父親は丁寧に引き取っていき、子供が幸せに引き取られてよかったと涙する飯田蝶子が「いいもんだね、子供って。たった一週間だったけど。今から産めんかね」と言って、上野の西郷さんの像で「終」。西郷さんの像の後姿のエンディング印象的。 

シンガポールに抑留されていた小津安二郎監督が、日本に帰国して最初に撮った作品。 
長屋の住人たち(飯田蝶子、笠智衆、河村黎吉など)の情の厚さを感じる映画であり、心温まる秀作。
okapy

okapyの感想・評価

4.0
情が湧くとはまさにこのこと。カサヴェテスのグロリアとかチャップリンのキッドを思い起こす設定だが、小津にしかできない映し出し方が顕著だった。ラストシーンなんかは後世に伝えるべくして作られた作品と言わんばかりの胸を打つメッセージ。『冗談じゃないよぶつよ!』からの『親子っていいもんだ。』は心温まる。
ロングショットと顔の使い方が確かすぎておののく。人間の単純な反復動作を収めようという意思を感じる。同シルエット切り返し。ピント送り。風。
おばあさんと呼ぶと「おばさんだよっ!」とピシャられるんだろうが、真一文字に結んだ口と、しかめた眉のバアさんがとにかくマシンガンで喋り倒す様子だけでも笑えて仕方ない

顔面終始イカツイバアさまが少しずつ柔和な表情を見せ、画面に慈しみと愛が満ちてゆく、、と幸せな気分に浸るも束の間、戦後の上野に見える現実を突きつけたズドーンなオチにはまいった
ss

ssの感想・評価

4.8
私は偏屈ジジイが大好物。
でも意地悪ババアはちょっと苦手…。
だったけど、この意地悪ババア…好きだ。

一人でうろちょろしてる子供を可哀想だからと言って拾ってきて、ご近所さんに押し付けるて(笑)犬猫拾ってきてもそんな無責任な!って話なのに(笑)

意地悪ババア、嫌だとかいいつつ預かって、ご飯を食べさせ、寝床を用意してあげて…根は優しいんだけど、怖いんだわ。
「お前はろくでもないねぇ!」なんて言われたら、大人の私でも「ひい!」ってなっちゃう。

「おばあちゃん、おやすみ」
「おばちゃんだよ!」
「おばちゃん、おやすみ」

あんな変顔ギリの表情で睨みきかせられたら、吹き出しちゃう。
それで余計怒らせちゃうだろうな、きっと。
少しずつ優しさが表面化してくる意地悪ババア。

「母性が芽生えたね」
「あんたじゃ、孫連れてるおばあちゃんだよ」
「ぶつよ」

ところどころに散りばめられている、 クスっとどころか、吹き出すセリフの数々。

「私、子供授からんかねぇ」「・・・・・・・・・・・・・・占ってもらいなよ」

シュールというか粋というか。
あぁ、母性芽生えちゃったんだな、意地悪ババア泣いてるよ。こっちも何だか泣けてくるよと思ったら、ババアの泣いてる理由に、こっちが余計泣かされる。

完全に小津ワールドの虜。多分、私自身『家族』というものがとても大切に思っているから、小津さんの描く『家族』に触れるとジーンと心が震えちゃう。

2017/9/18
>|