長屋紳士録の作品情報・感想・評価

「長屋紳士録」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.9
映画『長屋紳士録』は、東京の下町を舞台にした”拾い子"をめぐる人情劇。現代のわたしたちの目から見ると、”拾い子”を引き取ったおたねが男の子へ向けるまなざしは、時に冷たく感じるほどにドライだ。だからこそ、後半になってようやく芽生えた愛情がより温かく感じる。ああ、人間の思いやりはまだ捨てたもんじゃないなと。

けれども物語の最後では、ほっとした気持ちを抱いたわたしたちの目の前に戦後すぐの現実が映し出される。その現実は、戦後の東京に残された戦争の生々しい傷跡と言っていいだろう。そんな傷跡は物語が終わったあとも、あの現実はどうなったのだろうと、わたしたちの心をざわざわとさせる。

この映画は、空が印象的な映画だ。本作には戦後すぐの東京の姿が映し出される。激しい空襲のあとを思い起こさせるような、むき出しの土だらけの東京。ようやく瓦礫が片付いたばかりのようにも見える。まだまだ戦争の傷跡はあちこちに残されている。

ただ、そのような東京の空は大きく広がっている。これがカラーの映画だったら、青く透きとおった空がどこまでも広がっているのだろう。人々の上には、青い空が戦争の傷跡を見つめている。モノクロ映画にもかかわらず、画面に映し出される終戦直後の空が、やけに心に響く一本と言える。
SH

SHの感想・評価

3.8
ダメっという飯田さんの顔。「かちこちのおにぎりみたいな顔して」と子供のこというけど飯田さんも結構怖い顔してた。
でも身振り、セリフ、表情にどこかユーモアがあって変に感情を盛り上げようとする演出もなくあったかい作品だった。
一瞬坊主がいなくなってその寂しさに気がついて、大事にしようと思った矢先にいなくなってしまう、、、辛くて泣いてしまうのに相手が幸せそうで泣くって、、わいにはできん、、
ハートフル映画、70年経っても伝わる言葉がある
かわいい。
飯田蝶子さんいいなぁ。
「イジイジしてのんびりしてないのはあたし達だったよ」

今まで観てきた小津と少し違っていて新鮮だった。小津は子供が好きなんだろうな、それが凄く伝わってきた。

父と話すまでこれが戦争批判の映画だという見方が出来なかった。

1番びっくりしたのは、坊やがおとっつぁんに連れられておばちゃんが泣いてしまうシーンがあるがその理由は悲しいのではなく、坊やの幸せが嬉しかったからだった。
そういう映画にしてしまう小津の境涯、センスが凄いんです。
ちんみ

ちんみの感想・評価

3.2
いい映画でした。
 オヅ映画恐らく最高傑作。これもまた(この映画は擬似的なものだが)家族崩壊を描く映画ではあるけど、もう一方の血縁で結ばれた家族は関係を回復するわけだし、子供を育ててみてケチだった価値観が変わる、いま戦争孤児がいっぱいいるから皆育てよう!っていう子供への温かさに溢れた映画だった。
 この後のオヅ映画がどんどん一家族で完結する内向的な映画になっていくのに比べて、時勢に照らし合わせた外への発信力があるからいいんだな。
中盤くらいまでおたねさんマジ鬼ババア。
相手が子どもとかそんなの関係なくガチめに睨みをきかせて悪態ついてくる怖いおばちゃん。そら坊やも逃げ出すわ。

でもね。

鬱陶しく思ってた坊やがだんだん可愛くなってきて、坊やもおばちゃんに懐いてきて、いよいよ2人で生きていくって気持ちが固まったところでクライマックスやってくる。
おたねさんの心情の変化がとても心に沁みた。

あと、こんなに若い笠智衆さん観たの初めてかも。のぞきからくりの唄がまた素晴らしい。
小津作品ではいつもお人好しの優しいおばちゃん役の飯田蝶子がちょっと意地悪ばあさん風で面白い。結局はいい人になっちゃうんだけど...
>|