長屋紳士録の作品情報・感想・評価

「長屋紳士録」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.9
映画『長屋紳士録』は、東京の下町を舞台にした”拾い子"をめぐる人情劇。現代のわたしたちの目から見ると、”拾い子”を引き取ったおたねが男の子へ向けるまなざしは、時に冷たく感じるほどにドライだ。だからこそ、後半になってようやく芽生えた愛情がより温かく感じる。ああ、人間の思いやりはまだ捨てたもんじゃないなと。

けれども物語の最後では、ほっとした気持ちを抱いたわたしたちの目の前に戦後すぐの現実が映し出される。その現実は、戦後の東京に残された戦争の生々しい傷跡と言っていいだろう。そんな傷跡は物語が終わったあとも、あの現実はどうなったのだろうと、わたしたちの心をざわざわとさせる。

この映画は、空が印象的な映画だ。本作には戦後すぐの東京の姿が映し出される。激しい空襲のあとを思い起こさせるような、むき出しの土だらけの東京。ようやく瓦礫が片付いたばかりのようにも見える。まだまだ戦争の傷跡はあちこちに残されている。

ただ、そのような東京の空は大きく広がっている。これがカラーの映画だったら、青く透きとおった空がどこまでも広がっているのだろう。人々の上には、青い空が戦争の傷跡を見つめている。モノクロ映画にもかかわらず、画面に映し出される終戦直後の空が、やけに心に響く一本と言える。
ラストの西郷どんの周りの少年たちとその背中のショットがキマってる。ホークス的ジャムセッションがある笑。子供はマクガフィン
「おあがり」「いただきます」

そのやりとりだけで、何故かどういうことか泣いてしまった

心の糸に触れたのだろう…おそらく

ここ数ヶ月、小津先生から学びっぱなし、感動されっぱなしで号泣されっぱなし

品性について改めて考える、、、
俺の黒沢清で一番好きな映画『蜘蛛の瞳』じゃないか!
ethangucci

ethangucciの感想・評価

3.7
昔の風情が見られて楽しい
今の若い子は
というセリフはいつの時代でもいってるね
独り言

独り言の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人情物、風の中の牝鶏と同じく小津安二郎なりの戦後を切り取った作品。
こちらの方が優しくユーモラスで良かった。シッシと追われる愛想のないはなたれ小僧が健気で、かあやと同じく段々可愛く思えてくるから不思議だ。
小津の子供はリアルでいいな。
SH

SHの感想・評価

3.8
ダメっという飯田さんの顔。「かちこちのおにぎりみたいな顔して」と子供のこというけど飯田さんも結構怖い顔してた。
でも身振り、セリフ、表情にどこかユーモアがあって変に感情を盛り上げようとする演出もなくあったかい作品だった。
一瞬坊主がいなくなってその寂しさに気がついて、大事にしようと思った矢先にいなくなってしまう、、、辛くて泣いてしまうのに相手が幸せそうで泣くって、、わいにはできん、、
ハートフル映画、70年経っても伝わる言葉がある
かわいい。
>|