YuukiImazu

セルピコのYuukiImazuのレビュー・感想・評価

セルピコ(1973年製作の映画)
3.7
久々に鑑賞。
最初に救急病院に運び込まれるセルピコの痛々しい姿を提示した後、時間が遡って展開。汚職が蔓延する警察組織内で、内部告発に踏み切ろうとする主人公の姿を描く。

主人公が辿る最悪の顛末を冒頭で知らせながらも、ラストまで退屈させないスリリングなストーリーテリングが見事。『セルピコの命の危険が徐々に高まっていく展開』、『彼の勇気ある行動が実らないじれったさ』、『身内に厄介者扱いされることの絶望的な孤独感』の3ポイントが観る側の心を離さないですね。

『正義を貫くことの難しさ』を身をもって伝えることになるセルピコの奇抜な出で立ちに注目してみるとおもろいですね。ヒッピー風の身なりに感じる『反体制』的な意味合いと、警察組織内部で孤立しながらも立ち向かう姿とに通ずる部分があってね。