ヤング・ゼネレーションの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ヤング・ゼネレーション」に投稿された感想・評価

くろお

くろおの感想・評価

4.2
凄い普遍的なテーマの青春映画で、凄い見やすいし、
ラストにしっかり感動できる。
両親が良いキャラしてるのがまた良い。
もうちょっと前半が整理されてればいいかなぁって思うけど、小さいお話ながら、非常に名作
諦めんなよ若者ども!

大学に行くわけでも無く、就職するわけでもない言っちゃえば落ちこぼれ4人組。

常に強がってた彼等だが、俺等は負け組なのかといった状況になる。そんな中最後のレースシーンはいい!

サクッと観れよき青春映画でした。


あとお父さんが最後までいいキャラしてる。

このレビューはネタバレを含みます

劇中、ひたすら大学生たちと争う主人公たち。最終的に自転車レースで決着をつける訳だが、エピローグで語られるのは結局主人公デイヴも大学生になったということ。
それはただ無鉄砲なだけだったあの時の青春の終りを示唆しているようだった(こう書くと、時計じかけのオレンジの原作みたいだな)。
ちょっと皮肉っぽい着地だなぁと思いました。
それは良いとして、本当にレースシーンは他の方もおっしゃっているように、最高の一言。とにかく熱い。
何度もデイヴが一生懸命練習しているシーンが出てくるため、素直な気持ちで彼を応援してしまいます。
後、彼の父親が良いですね。良いキャラ。
HarryT

HarryTの感想・評価

3.9
自転車で練習しているときが、とても気持ちよさそうに見えました。最後の親父さんの顔が、よかった。
堊

堊の感想・評価

4.6
暇すぎて近所の大学に忍び込むフリーター達…
夏の日差しで満ちてるカメラも最高。
ヴェスパ女を自転車で追いかける冒頭の疾走感と幸福感にやられる。音楽をあれだけに絞ってるのも潔い。

オルミの『就職』を最高に明るくした感じ。

若者共のやり場のなさと後半の頑張り、大学内での乱闘シーン…なんとなく『オネアミス』を連想した。山賀、ベアーズじゃなくてこれ十回見たのでは。
主人公4人の仲間意識や生活にはそれほど憧れを感じないけれど、やはり最後のレースシーンには熱くなるものがある。

ラストカットは絶妙だった。
GEN

GENの感想・評価

4.0
随分昔になりますが… 笑
DJをやっていた若かりし頃から敬愛している宇多丸(ライムスター)師匠の大好きな映画。

やっと観ましたYO⭐️

今作の主人公は自転車にゾッコン💛
好きな物事に「かぶれる」 =「真似をする」ということは、決して恥ずかしい行為ではなく、むしろ純粋かつ尊いことだと… 勇気をもらえる映画です。

何でもいいですが、何かに情熱を燃やした経験のある方は、きっと共感できる部分があると思います。

ラストのオチ… 笑
爽やかな良作‼️
sonozy

sonozyの感想・評価

3.5
1979年らしい瑞々しい青春ムービー。
CUTTERSのメンバーの個性(デニス・クエイドが若い!)、主人公デイブと両親のやり取りに見える時代感。
ライムスター宇多丸さんの激推しというほどにはハマりませんでしたが、楽しめました。
k

kの感想・評価

3.8
みんな愛おしくて、大好きなタイプ。
王道的な青春要素が多く見やすかった。

採掘跡の池で過ごす青春、眩しくて羨ましいや。

ラスト少しでも3人が走った事はとても意味のあることだと思う。

自転車で走るシーンは熱が入ったなー。
ラストもたまらんっ
filmanamis

filmanamisの感想・評価

4.0
宇多丸師匠の人生ベストと聞いて彼がDVD購入!

若いメンズ4人がダムできゃっきゃきゃっきゃしてるだけでほのぼのするし、あぁええなぁ!!こんな人生送ってみたかったなぁ!!!ちくしょうめが!!!と思えた良作でした。