アイアンマン

ポセイドン・アドベンチャーのアイアンマンのレビュー・感想・評価

4.8
大晦日になると、この映画の船内パーティーを思い出す。

パニック映画の歴史上、原点ともいうべき作品。
でも、単なるパニック映画じゃない!色々な人間模様を通し「生きる」という事はどんな事なのか?とメッセージ性の強い作品です。

ポセイドン号の1,400名の乗客が転覆事故により、船内パニック状態になり多くの犠牲者が出る中、生きることを諦めずに突き進む神父と行動を共にする生存者達。

生きる希望や絶望感…生存者の様々な人間模様が交差しながらストーリーは展開されて行く。

古いい作品ながら、画面から伝わってくる船内の臨場感は半端なく、手に汗にぎる。

ラストシーンのバックに流れるジョン・ウィリアムズのテーマ曲が忘れられない。