わが命つきるともの作品情報・感想・評価

わが命つきるとも1966年製作の映画)

A MAN FOR ALL SEASONS

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.5

「わが命つきるとも」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「わが命つきるとも」
原題「A Man for All Seasons」
1967/7/1公開 イギリス作品 2018-015
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1967年第39回 アカデミー賞作品賞

「地上より永遠に」、「真昼の決闘」など今も残る名作を監督したフレッド・ジンネマン監督の作品。本作も前二作にたがわず骨太の作品です。
ストーリーは明解で、清廉潔白で信念を持ち続ける主人公トーマスが国王の不法な願いを聞き入れず、周囲の罠にはめられ弾劾されるが、それでも信念を曲げずに最後は死をも受け入れる。そういう骨太な作品です。
神・法律にこだわり、死に直面しても信念を貫き通す、そんな生き様に考えさせられます。それを愚直に演じ切った舞台俳優のポール・スコフィールドの演技も素晴らしいですね。

「ドクトル・ジバゴ」のロバート・ボルトが彼自身の戯曲を脚色、「地上より永遠に」のフレッド・ジンネマンが製作・監督した作品で、アカデミー賞の作品賞に輝いているほか、数々の賞を獲得している。出演は英国舞台俳優のポール・スコフィールド、ウェンディ・ヒラー、レオ・マッカーン、ロバート・ショウ、オーソン・ウエルズ、スザンナ・ヨークほか。総指揮はウィリアム・N・グラフ。
shoki

shokiの感想・評価

3.0
宗教に理解がないと理解できない
ゆこ

ゆこの感想・評価

3.7
嫌味のないシンプルな話運びで観やすかったし、何よりトマス・モアの機転のきいた会話劇がめちゃくちゃ面白い
無駄のない表現で的確に相手を言い負かしていくから本当に気持ちが良い
ずっと守り続けた沈黙を最後に破るのも胸熱だし、堅実な構成が魅力的な映画だった

川を渡る時の水音や小舟の軋む音が心地よい
着いた先は、青々とした芝や風になびく木々の葉に囲まれたチェルシーの自宅
イングランドの原風景のようなシーンの数々が美しい

このレビューはネタバレを含みます

1966年。原題"A Man for All Seasons"。脚本も務めるロバート・ボルトの同名劇から。ヘンリー八世の離婚に反対した大法官トマス・モア(『ユートピア』(1516年)の作者)が斬首刑になるまでを描く。トマス・クロムウェルとリチャード・リッチとの対比でモアの高潔さが際立つ。リッチ役のジョン・ハートは今のJGL風(ダメ男演技が巧い)。ハンプトン宮からモアの邸宅があるチェルシーまでテムズ川をボートで移動する場面がある(リッチモンド宮への言及もあり)。ゴシック・ガーゴイルが象徴的に使われている。
蹂躙

蹂躙の感想・評価

4.0
ヘンリー8世の離婚問題に反対するトマスモアの話。
ヘンリー8世の描かれ方が意外だった。あんな気のいい感じだったのかな。もっとキモおやじのイメージだった。アンブーリンめっちゃ綺麗
腐敗に屈しないゆえ社会に消される人の話は沢山あるが、この映画の魅力はモアの圧倒的な気品と秀逸な脚本だと思う。カメラワークも落ち着いていてみやすい。
演劇っぽいなと思ったら舞台原作らしい。妻のアリスとの最後の面会のシーンはすごい。

善と悪が少し明確に分かれすぎているかなと思った。クロムウェルが悪者すぎる。クロムウェルが処刑されてリッチが成功する意味がよくわからない。悪の方の葛藤がもう少しみたかったかも?
この時代のものはどう切り取っても面白い。「例え陥れられようとも法の範を超えてはならない。それこそが法に守ってもらう義務なのだ。」英国魂ここにあり。イギリスを知るためにぴったり。イーストウッドの映画とセットで見ると非常に面白い。
枢機卿が王の離婚を認めないために非難されるお話

「法の格言も"沈黙は承認"だ」
nsdtkr

nsdtkrの感想・評価

3.9
処刑シークエンスの簡潔さに痺れた。
>|