わが命つきるともの作品情報・感想・評価

わが命つきるとも1966年製作の映画)

A MAN FOR ALL SEASONS

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.5

「わが命つきるとも」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「わが命つきるとも」
原題「A Man for All Seasons」
1967/7/1公開 イギリス作品 2018-015
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
1967年第39回 アカデミー賞作品賞

「地上より永遠に」、「真昼の決闘」など今も残る名作を監督したフレッド・ジンネマン監督の作品。本作も前二作にたがわず骨太の作品です。
ストーリーは明解で、清廉潔白で信念を持ち続ける主人公トーマスが国王の不法な願いを聞き入れず、周囲の罠にはめられ弾劾されるが、それでも信念を曲げずに最後は死をも受け入れる。そういう骨太な作品です。
神・法律にこだわり、死に直面しても信念を貫き通す、そんな生き様に考えさせられます。それを愚直に演じ切った舞台俳優のポール・スコフィールドの演技も素晴らしいですね。

「ドクトル・ジバゴ」のロバート・ボルトが彼自身の戯曲を脚色、「地上より永遠に」のフレッド・ジンネマンが製作・監督した作品で、アカデミー賞の作品賞に輝いているほか、数々の賞を獲得している。出演は英国舞台俳優のポール・スコフィールド、ウェンディ・ヒラー、レオ・マッカーン、ロバート・ショウ、オーソン・ウエルズ、スザンナ・ヨークほか。総指揮はウィリアム・N・グラフ。
YOU

YOUの感想・評価

3.8
信念の人トーマス・モアの話。

「政治家が公務という
大義名分をかざしてー
良心を捨てたらー
国に混乱を招くことになります」

森友・加計の改竄、隠蔽工作の
いまの安倍政権に聞かせてやりたい。
というか森友・加計は「公務という大義名分」
ですらなく、私物化、私欲でかない。
無理が通れば道理引っ込む嘆かわしい事態

ああこういう高潔な人がいたのか
と後進のためとなる大人でありたいものだ。
(原発や後進に借金を残している時点で
何をか言わんや、か。嘆息)
八重洲スター座
さと

さとの感想・評価

3.4
ヘンリー8世の再婚に反対したトマスモアを主役とした史劇。

見せしめで斬首したとしても一時的なものに過ぎなくて長期的に見れば処刑された側の信念を強調するだけなのにと思うのだけれども。
この後も宗教をめぐる争いはあるわけで、この人が見たら命をかけたその先の世の中についてどう思うんだろうと考えながらみてた。

終始淡々としていながらもいろいろと濃い映画
ぴのき

ぴのきの感想・評価

3.8
「私は王より神のしもべとして死ぬ」

これがトマス・モアの思想、神への忠誠心全てを物語っているように思えた
sae

saeの感想・評価

-
記録

NC(字)①
クロ

クロの感想・評価

4.1
★★★★
大好き。みんな上手い。特にウェンディ・ヒラー。
淡々と話が進んでいく
中でも主人公の生き様に確かに人間ドラマを見出すことはできるが

それにしても淡々としている

中世らしさのある衣装と
中世の社会システム
当時の年代を感じさせるセットと
色んな意味でどこか教材的な作品で
授業で先生にみせてもらうような映画感があって
少し懐かしさも感じたり

まぁ全て現代の目線から見たらってことで
公開当時見ていればまた違った感想かも

いやそれにしてもラストの後日談も淡々としていた
fujiK

fujiKの感想・評価

-
🎥✒️📑
yadakor

yadakorの感想・評価

2.0
宗教狂いのいい年した嫌だ嫌だおじさんの話 キリスト教って近親者より神のために生きなきゃいけないんだな
まだ科学のない土人国家を見た印象
バリーリンドン、山猫を見てからこういう時代物の謎の光源が気になる
化粧も明らかに現代もので、話にならない
>|