トカゲロウ

鳥のトカゲロウのレビュー・感想・評価

(1963年製作の映画)
3.7
最近観た「12モンキーズ」で主人公たちが観ていたので思い出しレビュー。
題目通り鳥が襲ってくるパニック映画です。
といっても序盤から中盤にかけては不穏な空気作りで鳥は襲ってきません。しかし、このカビっぽい空気感が常に映画を支配してしまっていると言いますか。こっちまで鳥に見張られているような気がしてきますね。
単純なストーリーなのにキチンと要所を押さえているので、そこら辺の新作パニック映画より引き込まれました。
古い映画だからと舐めていると、子どもの時に観たらトラウマだっただろうなぁくらいの迫力です。
実際、子どもの頃にこの映画を観て鳥が嫌いになった人は私の身近に二人程います(笑) まぁ、大人ならポップコーン片手に笑ってられる程度ですが

この映画のラストシーンはオススメですよー。動物園の野鳥ゾーンかよ!と思うほど色んな鳥さんたちが観られます。まるで絵画のように綺麗で不気味で印象的なシーンです。

この映画も面白いのですが、ヒッチコック監督自身も不気味面白人間です。この映画の撮影秘話は本編よりもホラーかもしれません。興味がある方はヒッチコック監督を検索してもよいかと。