許されざる者の作品情報・感想・評価

「許されざる者」に投稿された感想・評価

途中でネタしまった
ヘップバーンだから、と勝手に決めるものはない
クリントイーストウッド監督のやつが見たかったのに…ダンッダンッダン
ずっとモーガンフリーマン探しててんけど。今回は多分初めての西部劇やからあらすじ見てから見始めたのに、あれ?ってずっと頭の中ハテナやったわ。でも良かった違うって気付いて。勘違いしたままのとこやった。
諦めて最後まで見たけど何回あくびしたか(朝の5時前やからか)。あんな絶世の美女、そりゃ敵対する民族ってわかっても手放さんわな…ってこれがオードリーヘップバーン!!!美人…

412
fujiK

fujiKの感想・評価

-
🎥✒️📑
面白かった!ジョン・ヒューストン監督の復讐がテーマの西部劇です。平和に暮らしていた開拓者一家のもとに不審な人物が現れるところから物語は始まります。先住民たちとの血で血を洗う戦いの中で何故、白人同士でも争わなくてはならないのかの謎もありストーリーに引き込まれます。オードリー・ヘップバーンが一家の末娘として出てきますが、ヘップバーンのどことなくエキゾチックな容姿が西部の乾いた大地に映えていて役どころにも合っていたように思います。かの大女優リリアン・ギッシュが出ています。一見か弱そうに見えて逞しいママ役を好演。
レビューみてたら、思い出しました。つまらなかったです。オードリー・ヘップバーンが出てたから、最後までみたけど。
Rita

Ritaの感想・評価

2.8
救いようもない映画
のん

のんの感想・評価

1.0

過去鑑賞。

愛し合う義理の兄妹が、家族の業を背負って先住民に立ち向かうという話。
ヘプバーン主演が売りの?西部劇。
観たことさえ即座に忘れたほど面白くなかった…。
 評判がよろしくないので覚悟して見たけれど、そこまでひどくはない。けれど、決して良くはない。
 脚本家か原作者はたぶん一人っ子だったのだと思う。兄弟を描いているのに「兄弟」というものを全く理解しないままストーリーを展開させてしまっているのが低評価につながったのでは、と。それにしても、たとえ兄弟がいなかったとしても、作中の兄弟たちに、ともに育ってきた妹・オードリーを「追い出せ!」とか言わせるわ、ともに育ってきた妹と結婚させるわ、なんてことをやらせるだろうか。
 他にも無抵抗のインディアンを銃殺するわ、それによって不要の銃撃戦と流血を招いているなど、ツッコミどころ満載。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.0
2008/11/12鑑賞(鑑賞メーターより転載)
てっきりイーストウッド監督の映画のほうだろう、と思って観始めたら全く違っていて驚いた。オードリー・ヘップバーンが西部劇、という違和感をどう昇華できるかが評価のポイントだろうが、インディアンの血が入っているようには見えなかったし、個人的には何かやっぱり違う印象があった。相変わらずなインディアンが悪という描写にも辟易するし、主人公一家のやりたい放題ぶりにも何ら共感できるところはない。オードリーの作品全制覇に少し近づいたことだけが成果だったかも。
>|