ももさく

ナニー・マクフィーの魔法のステッキのももさくのレビュー・感想・評価

3.0
父親ブラウン(コリンファース)は妻を亡くし7人の子供達を育ててきた。子供達の楽しみは乳母→ナニーを追い出す事。今まで17人ものナニーがやってきたがみんな辞めてしまった。妻の親戚でアデレイド伯母から養育費の援助を受けていたが1ヶ月以内に再婚しないと援助を打ち切る、養女に1人欲しいなど言われブラウンは悩みが尽きなかった。

そんなある日、伝説のナニーマクフィー(エマトンプソン)がブラウン家にやってきてやりたい放題の子供達に5つの事を躾ていく。

「夜眠る事」「朝起きる事」「服を着替える事」「人の話しを聞く事」「言い付けを守る事」

ナニーマクフィーの姿が...歯が1本だけ出てるし鼻や黒子にも注目しちゃう。そんな彼女を演じるエマトンプソンが脚本も手がけている作品。

長男のサイモン(トーマスサングスター)、何かで見たなぁと思ってたらラブアクチュアリーに出てた少年でした。

子供ではあるけど、あんなに幼い考え方しか出来ないもんか?と思うくらい馬鹿らしいイタズラ。母親がいない寂しさ、構ってくれない父親、そこが問題だとしても7人全員が団結して暴れる。それで何が満たされるのだ?と前半はイライラしたが、だからこその成長を感じられる。

雪の世界の魔法のシーンがとっても綺麗!。

何となく結末は分かっちゃいますけど、それでもハッピーな気持ちになってしまう映画。