きょる

二百三高地のきょるのレビュー・感想・評価

二百三高地(1980年製作の映画)
4.0
漫画“ゴールデンカムイ”にハマり、歴史の勉強をしたい!と思い鑑賞
邦画の戦争ものはあまり観たことがないのですが、これは凄かった。。観てよかった
ただ、なんていうのかな。戦争映画というよりは時代劇を観ている感覚になった
銃で撃たれて倒れる時、まるで斬られたような演技をしているのですよね皆さん…
途中から時代劇感覚で見てしまいあまり集中できず残念な気持ちに。

さだまさしの主題歌がしばらく頭から離れない…歌詞がぐっときたなぁ