アナコンダの作品情報・感想・評価

「アナコンダ」に投稿された感想・評価

アナコンダ出まくるB級パニックホラーのイメージがあったが、見返してみるとアナコンダの出番は終盤。

CGも今見ると安っぽい。

けれど、ジャングルでアナコンダに襲われるというシチュエーションが素晴らしい。

適役も、いかにも怪しくて素敵。
こりゃトラウマもの。
と同時に蛇に憧れ抱いたきっかけ。
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
タイトルは知っていたけれど、ずっと未見で…
BSでの放送があったので…やっと…(笑)

「アナコンダ」が出てくるまでは…
のんびり、ゆったりと…

(もっと大きいのかな…と思っていたけれど)
出てきてからは…「人間模様」の方が怖かった…(汗)

人間丸呑み…「アナコンダ」の身体の表面に、人間の形が浮き彫りになっていて…そのシーンは「うゎ〜〜」ってなった…(汗)

…途中から乗ってきた「おじさん」…怖い ‼︎
…何?このおじさん…(笑)

「アナコンダ」のやっつけ方は…やはり「そうなるか」…だった…(笑)

巨大生物パニック作品…
…人間は「自然」には…勝てないな…と思いながら…鑑賞…☆
(…蛇、大丈夫…笑…なので…楽しめた…☆)

BSジャパン(7月11日放送の録画)にて鑑賞…☆
atatatn

atatatnの感想・評価

3.0
2018.7.15 録画
2回目?昔観てると思う。。。

このレビューはネタバレを含みます

古き良き90年代B級モンスター映画。
蛇ハンターのジョン・ボイドが不死身過ぎる...実質主役はサイコ蛇マニアのおっさんだった。
肝心のアナコンダのCGはいかにも90年代頃の初々しい感じが微笑ましい。
ラストの燃えながら追ってくるアナコンダはなかなか見応えあり。
aji

ajiの感想・評価

3.8
小学生の見た以来でしたけど、好きですわ
先が読める展開なんですけどそれがまた良い👶‼️
c

cの感想・評価

3.0
ジョン・ヴォイトの気味悪い感じよかった

BS-JAPAN 吹き替え
実は自分、爬虫類は大体平気なんですがヘビフォビアなんです…だって手足もひれもないのにスルスル動くわ泳ぐんですよ?これが恐怖じゃなくてなんなんですか…

なので普通ならヘビ映画も避けるところなんですが、わりとサクッと見られました(笑)
まあナマのヘビは添え物みたいなもんで、ほとんどジョン・ボイトがその役を背負ってるんだから当然ですね。

それはそれでいいんですが、ジョンに洗脳されたオーウェン・ウィルソンが割とあっさり正気に戻っちゃったりジョン自身もパパっとやられちゃったりでもうちょっと見せ場が欲しかったかなー。ジェニファー・ロペスがやたら叫ぶ足手まといなのも時代を感じさせる。
こうしてみるとB級とはいえ俳優陣は結構豪華ですねえ。

ヘビのCGはなかなか頑張ってたけど、シーンごとにスケールが変わるのが難か。
あと結局あの人助かるんだったらみんな犬死にでは(言ってはいけない)
テンポがいいので退屈しない、糞映画にありがちなイラつく究極のバカも出てこない、お手本のようなB級パニック映画。
>|