アナコンダの作品情報・感想・評価

「アナコンダ」に投稿された感想・評価

アナコンダ出まくるB級パニックホラーのイメージがあったが、見返してみるとアナコンダの出番は終盤。

CGも今見ると安っぽい。

けれど、ジャングルでアナコンダに襲われるというシチュエーションが素晴らしい。

適役も、いかにも怪しくて素敵。
【吹替/録画視聴】
こんな映画に出てるジェニファー・ロペスも貴重だけれど、見所はやっぱり冒頭のダニー・トレホのソロシーンだよね。物語自体はよくあるモンスター・パニックなので安心して見ていられます。
蛇ちゃんはCG感が溢れるけど
でかさ的には妥当かな🐍

流石の強欲な凄腕蛇ハンターもジェニファーロペスのハニートラップには引っかかっちまったか
んまーしょうがないよね 男だもの
みつお
アマゾン奥地を舞台に巨大なアナコンダの恐怖を描く。

伝説のインディオを求めてアマゾン奥地を訪れた撮影隊は、
蛇の密猟者拾う。
彼の指示通りに支流に分け入っていく船はやがて座礁した船と遭遇。
実はその船は密猟者の仲間のものであり、
彼の目的はアナコンダの捕獲だったのだ。
そしてついに想像を絶する巨大なアナコンダが出現、
撮影隊のクルーは一人また一人とその怪物の犠牲となっていく……。

B級なのにキャスティングがジェニファー・ロペス、
アイス・キューブ、
ジョン・ヴォイト、
エリック・ストルツ、
オーウェン・ウィルソンと豪華なのは驚かされる。
主人公と匂わせながらもエリック・ストルツが蜂を飲み込んで早々に退場する。
ジョン・ボイト演じる密猟者サローンの圧倒的な存在感で、
アナコンダの存在感が薄れてしまった感が否めない。
アニマトロニクスとCGを駆使して描かれるアナコンダはなかなかの出来栄え。
滝から落ちてくる人間をアナコンダが巻きついて捕まえるシーンは圧巻。
安全なベッドで寝るだけのエリック・ストルツの扱いが酷い。
JOKER

JOKERの感想・評価

3.7
丸呑みのシーンがいい!
記録
ウエストリッジへの往復ビンタ笑
登場人物を大切にしてる気がする
おぅ…がんばるJlo姐さん
アナコンダという映画があることは知っていたが、これまで、僕にとってアナコンダといえば、セックスマシンガンズの歌だった。

https://youtu.be/WndBX1ZMxs8

過度に男らしい、愉快な歌ですよ。

ジェニファー・ロペスは歌手としては認識していたが、俳優業もわりとやってるというのは知らなかった。歌手がなんとなく演じてる感じは全然なく、本業のアクションもできる女優さん、という印象。かなり素敵だった。

そしてアイス・キューブ。大満足の大活躍だった。自分がこんなにアイス・キューブを好きだとは思わなかった。作品の魅力を3割増しにしてくれている。なんという面構え。なんというカッコよさ。アイス・キューブを堪能する映画としては相当ハイレベル。

あの悪い人の悪さも楽しかった。あの憎々しさに、観客へのサービスを感じた。演じたのはジョン・ヴォイト。
最後のドロっとしたウインクが、もはや可愛かった。
冒頭にダニー・トレホが出演してるのも嬉しい。好きな役者が増えることは、映画鑑賞を有意義にしてくれる。

なかなか出てこないのに、出てきたら編集や見せ方の案配で、あんまりでかくも怖くも感じなかったアナコンダだが、ラスト20分くらいの大暴れでだいぶ挽回していた。脱皮すれば全回復してるのは笑う。

中盤くらいまでは、密林を行く船上での緊迫した人間関係が作品を引っ張っていく。
アナコンダをあまり見せないのは、計算なのか、予算や技術の都合なのか分からないが、いい俳優たちのおかげで、ベタながら退屈しなかった。
予想よりも面白かった。続編も見ようかな。
金曜ロードショウでめっちゃ見てたと思ってたらそれは2だったらしい。
でもこのB級感はたまらない。
ヘビの事なら俺に任せろ!
川では俺の指示に従え!
命が惜しければな…!☆

ジョン・ヴォイトという怪優の
ウィンクに惚れるための映画。♪(笑)
あなたはもう、ジョン・ヴォイト無しでは
5分と生きては居られない…!!

全ての行動=命を守る行動を、
ジョン・ヴォイトの命令通り、
忠実に、瞬時に実行せよ。

四つん這いになってケツを
くぱぁと開けと言われても、
逆らう選択肢など存在はしない。

もしあるとするならば、それは
「死」の向こう側。あるいは、
ヘビの腹の中なのだ…!☆

「操縦を教える者」と「操縦を教わる者」。
双方を、“脱落者”と“ファイナリスト”
との明暗に分ける、不滅の黄金フラグが
今作でも打ち立つぞ。

アイス・キューブがお気に入り。♪
>|