安井文

西鶴一代女の安井文のレビュー・感想・評価

西鶴一代女(1952年製作の映画)
-
魅入ってしまった。
少し引いた長回しの画が主人公の人生を傍観している気分にする。