ちぇりー88

ハロウィンH20のちぇりー88のレビュー・感想・評価

ハロウィンH20(1998年製作の映画)
2.4
郊外の私立高校の教頭を務めるケリー・テイト。

彼女こそ20年前のあの忌まわしき惨劇の生き証人ローリー・ストロードその人であった。

彼女は交通事故死を装い名前をケリー・テイトと変え殺人鬼である兄マイケル・マイヤーズの影に脅えながらひっそりと暮らしていたのだった。

その息子ジョンは彼女の高校の生徒でハロウィンの夜に校舎で友だちとパーティを開く計画をしていた。

不吉な予感を抱いたローリーはジョンの外出を思い止まらせようとするのだったが。。。

シリーズものでどこを探してもこれとハロウィン2しかなくて残念な気持ちで鑑賞。こういうマスクものだからどうしても13日の金曜日と比較してしまうけど何かB級感が凄い💦

ブギーマンも無言で近付いてくるシーンは、来た来た来たー!!!って凄くドキドキするのにいざ攻撃を始めると何かネコパンチにしか見えなくて予想してた感じと全然違う🙄笑

殺された人達の血の色や傷口も見た瞬間作り物だって分かるのでテンションダダ下がり↓↓↓。

次は2をレンタルしてるのでそちらも観てみたいと思います🍀
最新作もレビューの評価はそこそこ良いみたいだしレンタル出るのを待ちつつ次に期待✨