Tysuke

アヒルと鴨のコインロッカーのTysukeのレビュー・感想・評価

4.0
中村義洋監督と伊坂幸太郎は、本当最高です!
伊坂さんの音楽センスは抜群だなーと思います。今作の原作は未読でしたが、他作品の原作に出てくる音楽の数々のセンスの良さと言ったらもう!

本題に入りますが、現在と過去それぞれの話で構成されています。現在の話を観ていると、チグハグな点があり、疑問に思うシーンがあります。それが後半の過去シーンで紐解かれていきます。
上手いです!そして、静かに悲しいです。ボブディランの曲以外の音楽がないため、抑揚が抑えられているように感じました。しかし、その抑揚の無さがこの映画には合っていると思いました。十分俳優陣の演技で賄えていると感じました。

アヒルと鴨の違いって、元からいるか外から来たかってだけで、はっきりとした説明ができないですよね。それは人間でも同じ。
外人だからといって、警察があんな適当な対応をしたせいで、悲劇が起こったのである。

「アヒルと鴨のコインロッカー」という意味不明なタイトルの意味が発覚した瞬間はゾクゾクしました。同時になんだか切なくなりました。

めちゃめちゃ若い岡田将生が、濱田岳の口悪い友達として出演していて笑っちゃいました(笑)