アヒルと鴨のコインロッカーのネタバレレビュー・内容・結末

アヒルと鴨のコインロッカー2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

「アヒルと鴨のコインロッカー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

昔に小説読んで、なんとなくオチは知ってたけど、改めて映画で鑑賞。

伊坂幸太郎らしい、独特の間とか、やりとりとか、雰囲気とか、そういう部分は見てて心地よかった。濱田岳と瑛太がすごいハマり役。というかこれが演技力?

ただ、終盤の大事なシーン、ちょっと展開が無理矢理じゃない?と感じる。琴美は轢かれるまで退かず、犯人も警察の目の前で人を轢くし、この部分はいただけない。それまでが練られた展開だったからなおさら、もうちょい不慮の事故にならないかな。。。って思ってしまう。

アヒルがドルジで鴨が椎名、神様を閉じ込めるコインロッカー、発想のセンスが素敵。
ちょっとペット殺しが怖くて、、、
ハラハラしてしまった

瑛太が若い、、!
瑛太の感じたこと、変わっていった姿を見ると、哀しくなったなぁ

神様をとじこめて
見て見ぬ振りをしてもらおう

人間味溢れるなぁと思った
ひどい映画でした。 ブータン人が ふくしゅうのために嘘を付いて犯罪を実行するはなしです。 しかし、 全体的に冗長で退屈でした。 [映画の長さには不足している原作] を、 強制的に映画の長さに引き伸ばしたような状態でした。 よりテンポを早くすれば、 少しは ましになったのかもしれませんが、 それでも凡作止まりだったでしょう。

[第25回吉川英治文学新人賞を受賞した伊坂幸太郎作品] だったのでみたのですが、 完全に期待はずれでした。 私は今後、 二度と [吉川英治文学新人賞を受賞した作品] をみません。
伊坂幸太郎つづき。
なぜか読んでなかった原作を映画を先に。
最後に伏線が全て回収される気持ち良さと、でもこの作品はどこか切なさが残る、勧善懲悪ではない結末だった。
あぁそういうオチなんや!!これは確かにあまり語られずに「見る方がいいよ」とだけ言われるだけはあるなぁ。松田龍平さんが本当に具合悪そうだしキャラとしてとても素敵だったし、瑛太さんが何より秀逸でした
また見たい。日本映画が苦手な私でも大人しく見れました。とてものめり込めました。良い作品です全くストーリー覚えてないけど。13.9.7
女の子琴美が感情的すぎるのが気になったけど、話は面白かった。

瑛太が本屋で濱田岳が走って帰ってくるのを見る顔が忘れられない


小説も前情報もなしで鑑賞。

最初はなんのことやらと状況を淡々と見ていたけど、最後になるにつれて全てが1本に繋がった。

ボブ・ディランの曲が切ない。
ドルジのことを思うと切なくやるせないなと少し暗い気持ちになった。

そんな時に椎名と出会えて、鼻歌はまさかのボブ・ディラン。彼との出会いは素敵で切ないけれどどこか温かくなった。

「神様を閉じ込めてしまえばいいんだよ。」
椎名の優しさと最後のコインロッカーのシーンは心がすっと洗われた感覚になった。


瑛太という俳優としての先入観があったので完全に騙された!(笑)

小説も読んでみたい。


人って必ず生まれ変われるのかな


原作、伊坂幸太郎が大好きで鑑賞。

前世や来世を信じていないふりしながら、私たちみんな、来世を信じて死ぬ。
自分や、家族、大切な人たちが死ぬことを想像するとき、生まれ変われると信じてないと正気を保てない。来世で幸せになるために今世を生きているわけではないけど、そう思って生きているブータン人。
でもやはり、今、自分がどうしたいかが大事だよね。だって、今を生きているのは自分自身であって、生まれ変わった自分は自分ではない分身なのだから。今世の恨みは今世で返す。といわんばかりの。

とはいえ、本を映画化するとなんとも不可解な点が。とくに琴美ちゃんはなぜすぐ警察に連絡しなかったのかってのが謎すぎる、、、。

あとは何と言っても、瑛太の演技力に圧巻。ブータン人の演技も、河崎が死ぬ時も、彼は日本が誇る名役者なのでもっとたくさんの作品に出て欲しいですなぁ
キャスティング奇跡です。しおりが大好きな俳優陣かつ、配役がぴったりだという。原作の雰囲気も壊されてない。関めぐみの目の鋭さと、大塚寧々の無表情さと、濱田岳の声の出し方と、瑛太の演技力と、龍平のあのオーラ。最高です!!!
2014.10.7/
ほんとうにひさしぶりに観たの。でも何回も文庫本は読み返してた。やっぱりこの映像の作り方はすごいよ。そして、辛い。瑛太すごいね。ブータン人にも見えるし、プレイボーイにも見えちゃう。でもやっぱり龍平の引力には敵わない、かな。濱田岳の見事な巻き込まれっぷりも笑えちゃう。そして岡田くん、名前もない役だったのが贅沢だね。
2017.2.21/
内容を知ってるからこそ観るのに勇気がいるんだけど、でも結局観てよかったって思える作品。やっぱりドルジの境遇が辛すぎるよ。ほんとに彼はがんばったよ。椎名と出会えてよかったよ。ボブディランを歌いながらダンボールを片付けてる椎名をみつけた時のドルジの気持ちを考えると本当にうれしい。そしてそれを完璧に表現してた瑛太はやっぱりすごい。
>|