アヒルと鴨のコインロッカーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「アヒルと鴨のコインロッカー」に投稿された感想・評価

神様を閉じ込めるって!伊坂ステキ。
ふとした時にボブディランの風に吹かれてを不定期に聴きたくなる病や。
原作も映画もいい作品。切なさの残る余韻をボブディランで包もう。
ボブディランって名前を聞くといつもこれを思い出す。今回もフジロックにボブディランが来るってみんなが騒ぐもんだから。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

3.4
大学の学食を食べているドルジの姿を覚えていますか。

バスに乗りたかった女性だけじゃない。あんな風に学食を食べている外国人があなたの周りにどれくらいにいますか。

アヒルはとなりのとなりにいるんです。それがとなりの隣なのか、それともとなりのとなりなのか、あなたは区別できますか。

センダイと口ずさんでいた彼がガッツ石松と口ずさんだ時には、彼のテーブルには二人の優しい友人が座っていました。

それは、彼にとってどれほど暖かいものだったでしょうか。どれほど心地よいものだったでしょうか。その暖かさを知った彼に人は殺せませんでした。

殺したかったでしょう。殺せなかったわけではないでしょう。ただ失敗したのでしょう。それは、アヒルが鴨の愛に触れてしまっていたからでしょう。

犯した罪はコインロッカーにしまってしまいました。でも、3人で写ったあの写真だけは、コインロッカーではなく彼の胸の奥に大事にしまっていることでしょう。
VET

VETの感想・評価

4.3
ボブディラン聴いたらこれ思い出す
悲しい話
Mountain

Mountainの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これはラストの種明かしで
ハッとさせられましたねぇ…

映画を新鮮に楽しみたかったので、
伊坂幸太郎の原作は未読でしたが、
このオチは小説の方がより効果的にミスリードされるだろうなぁ…と思いました。

登場人物それぞれが
憎めない良いキャラで…
真実が明かされた時にこれまた
グッと来るものがありますね。

あんまりパッとしませんが
女優の関めぐみさん、好きだなぁ。
ふみや

ふみやの感想・評価

3.0
外国人は相手にされない。だから日本語を勉強して、日本人になった。
ブータン人のドルジは、壮絶な過去があった。
ある日、大学生が引っ越して来てた。そして、復讐を決行する。

ブータンの教えでは、「人は死んだら生まれ変わる」と言われている。それを信じている。しかし、ドルジは人を殺さなかったところが印象的だった。

なぜ本屋を襲ったのか?真相がすごく悲しかった。
天佑

天佑の感想・評価

3.6
ボブ・ディランが沁みた。
ドルジの周りからまた人がいなくなってしまうのね、、

「隣の隣。」

「神様に見て見ぬ振りしてもらおうよ。」
ボブ・ディランの曲がいいっ
Brown

Brownの感想・評価

4.0

真相がわかってからずっと涙が止まらなかった…。
河崎と琴美とドルジの物語に飛び入りした大学1年生の椎名。

エンドロールが終わっても閉じ込めたはずの美しく悲しい神の歌が繰り返し胸に流れ続けた。

1羽のアヒルと2羽の鴨の物語。

濱田岳は気弱な青年役が似合うなあ…。
だけどこれは瑛太の映画ですね。

久しぶりの邦画、大正解でした。