アヒルと鴨のコインロッカーの作品情報・感想・評価

アヒルと鴨のコインロッカー2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

「アヒルと鴨のコインロッカー」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

3.0
ディランとか細かいところの演出とかはすごく素敵だけど、あんまり気持ちの良い話ではない。。。
koya

koyaの感想・評価

3.7
またまた伊坂幸太郎×中村義洋。
どんでん返し系ストーリーではあるのだろうが、ストーリー以上に作品の持つ不思議な空気感や世界観に引き込まれる。
濱田岳も瑛太も演技が秀逸。
やはり、エンドロールまで楽しめた。
瑛太はこういう役をやらせたら天下一品
ボブディランの曲と作品が見事にマッチしてて、いい雰囲気を醸し出してる。
今年90作目。

初めは川崎が意味わからんくて入っていけんくて
途中から繋がり出すところは見え見えで
女がアホすぎて全く感情移入できんかった。

こーいう自己満正義感おバカ好きになれへん。
意外性を狙ったストーリーだが、自分には嵌らなかった。言葉やなまりの演技に不自然さを感じた。
dandelion

dandelionの感想・評価

4.4
となりの、隣の。
叙述物なので開始30分までは見てるのが辛いが、そこからのどんでん返しが凄い。最後はどうとでも捉えられるが悲しい物語。
mio

mioの感想・評価

4.1
邦画なんてそんなに観ないけどオススメされたから鑑賞。

ディランで始まりディランで終わる。

面白かったー。!!!

最初はピンと来なかったけど、どんどん引き込まれていく。

河崎、琴美、ドルジの過去が全部明らかになった時、前半で抱いてたモヤモヤがゼロになる。

うっわ。まさか、そういうこと!?って、、、途中まで気づかなかった。

アヒルと鴨のコインロッカー、最後まで観ないとこの映画のタイトルの意味は分からない。
最後は全部すっきりキレイに終わる。

ポスターに書かれたこの言葉、
「神さま、この話だけは見ないでほしい。」
心からそう思う。

とりあえず今から、ボブ・ディランのblowin' in the windを聴きます。

濱田岳、瑛太、松田龍平、岡田将生、みんな若い。
mtok

mtokの感想・評価

-
瑛太を知らない頃に見たかった
>|