アヒルと鴨のコインロッカーの作品情報・感想・評価

アヒルと鴨のコインロッカー2006年製作の映画)

上映日:2007年06月23日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アヒルと鴨のコインロッカー」に投稿された感想・評価

伊坂原作で一番好きです
原作と少しちがいます
rai

raiの感想・評価

4.0
2度目、原作読破済み。
頭のどこかでこのラストが忘れられない
神様には見て見ぬふりを
明日からはボブ・ディランを
この空気感がとても良い

このレビューはネタバレを含みます

_
<title:アヒルと鴨のコインロッカー>
_
<気になった台詞>
「神様を閉じ込めて、全部なかったことにしてもらおう」
「世の中は滅茶苦茶」
「欲しくて高い本があったら書店を襲ってでも手に入れるとか、川に飛び込んで溺れそうになってもみっともなく足掻くとかさ。あんたってさ溺れても格好つけて、そのまま沈んでいっちゃうタイプでしょ。」
_
<好きなシーンや色や音声>
・ボブディランの歌
_______________________________________
<じぶんの感覚・考えが着地したこと>


癖が強い
「きみは、彼らの物語に飛び入り参加してる」

いまなお、my「この小説はすごい」ランキング上位に君臨している今作。映画化の価値としては、まずは伊坂作品で欠かせないパーツになった濱田岳をキャスティングしたとこだろうか。まほろコンビも負けじと良い空気を醸し出してる。神様の声が良いな。

ひとつひとつのセリフを大切に、空気を損なわないような造り。「オードゥボンの祈り」は映画化されないのかな。少しカカシが動くのも見てみたい気がする。

原作へのリスペクトを感じるが、やはり小説がすごいので、今作が気になってるなら、まずは先に小説で味わってほしいです。
maki

makiの感想・評価

3.0
こーゆー事だったのか。とは思うけれど、、、好みではなかった。
松田龍平も岡田将生も若ーい
単調な前半。後半は一気に話が進んで伏線が回収されていく。

最後のシーン、犬を助けようとしてどうなったんでしょうか、、、
M

Mの感想・評価

3.0
伊坂幸太郎のミステリが原作
>|