マツダ

座頭市と用心棒のマツダのレビュー・感想・評価

座頭市と用心棒(1970年製作の映画)
-
『用心棒』と銘打ってるけど酒浸りで金に汚く、黒澤作品から結構キャラが変わってるがそのギャップが嫌いではなかった
一方で市もなかなかキャラが変わってる、「みんな死んじまえばいい」とか普段絶対言わない
話自体は残念ながら微妙で岡本喜八っぽさはほぼ無かった、ちょっと長く感じた