勝五郎

座頭市と用心棒の勝五郎のレビュー・感想・評価

座頭市と用心棒(1970年製作の映画)
4.0
「ゴジラ対ガメラ」(笑)みたいな感じで手に取りました。

単純に面白い映画。
まぁそれぞれがそれぞれのキャラクターとして完成形を構築しちゃっているので、それぞれのその視点から見れば物足りないのかもしれないけれど、そう言う映画・超豪華キャストで贈る娯楽作品として観たからそれで良しでした。

若尾文子は良いし、嵐寛寿郎も常田富士男もいい…兎に角豪華な顔ぶれにニンマリ。
なんたって米倉斉加年と岸田森‼️

最後はなるほどそうこなくっちゃねぇ…といった感じで大団円。


砂塚秀夫…いいよねぇ(笑)