みきてー

吉原炎上のみきてーのレビュー・感想・評価

吉原炎上(1987年製作の映画)
4.0
素晴らしかった!映像美、女の怨念、悲哀、歴史ものとしての側面、どれをとっても五社監督らしさむき出しでした。

見た人なら誰もがトラウマを植えつけられる西川峰子の狂乱シーンがハイライト。結核の血に染まった真っ赤な布団部屋、「踏んで…!ここ!!お願いだから踏んでェ~ッ!!!!!!」と絶叫する狂った花魁…(踏むと気がまぎれるか気持ちいいらしい)
あまりの恐怖に脳天をどつかれるような錯覚に陥ります。このシーンだけ何度も見返したい。

「花宵道中」はこの辺に着想を得たのかなと思いました。章立てなのもそれっぽいし。