竜馬の妻とその夫と愛人の作品情報・感想・評価

竜馬の妻とその夫と愛人2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.2

「竜馬の妻とその夫と愛人」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

2.5
このタイトルはグリーナウェイの「コックと泥棒、その妻と愛人」のもじりですが関連性はまるでなくw 鈴木京香さんのおりょうさんがなんか小悪魔的にかわいらしいです。まぁあんな人と死に別れちゃ、どもならんよね。三谷幸喜の脚本なのでストーリーは面白い。
明治初期、坂本龍馬の十三回忌を控え、勝海舟がふと呟く。
『そういやあの女どうしてる?おりょうは?』

楢崎(坂本)龍。
幕末の英雄、坂本龍馬の妻。
志士らの間で度々噂に上るほどの美貌の持ち主で、龍馬との素敵エピソードや武勇伝は数知れず。

だが、龍馬の死後は日の目が当たらず、龍馬の伝手を転々とし、酒に溺れ、果ては人の妾になったりしながら貧乏暮らしをしていたそうな。
高いプライドを持つ気性の激しい性格(坂本龍馬はその個性こそが魅力と面白がった)が災いし、龍馬の家族や仲間たちから疎まれてしまった。

そんなおりょうさんの不遇の時期を鈴木京香が好演。
憂いの表情から滲み出る抑えきれぬ色香。自己中心的とも取れる頑固で強気な性格。龍馬を想う虚しい叫び。
美しく淋しげな鈴木京香の横顔に、龍馬の死後のおりょうさんは本当にこんな人だったのだろうなと感じた。
ザン

ザンの感想・評価

3.0
憲武の芝居はどうかなと思うときがあるけど決闘のシーンをはじめ面白い所も多かった。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.5
坂本龍馬の妻・おりょうに焦点を当てた大好きな作品。
柊

柊の感想・評価

2.4
三谷幸喜、グリーナウェイが好きだったのかな?このタイトル「コックと泥棒、その妻と愛人」からだよね。あれはグロテスクな面白さがあったけど、これは全くグリーナウェイとはいえ関係ない。セリフが多いけど、なんかこなれてない。故に面白くない。
もっ

もっの感想・評価

3.5
普通に笑えた
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

3.0
・02/09/14:ヴァージンシネマズ海老名【初鑑賞】
>|