Ayano

バルカン超特急のAyanoのレビュー・感想・評価

バルカン超特急(1938年製作の映画)
3.6
ラインナップでお気づきの方もいるかもしれませんが、本日はシネマヴェーラで2本立てを観ました。(珍しく男性用トイレに行列ができたりする、独特の雰囲気が好きです笑)

面白い!これが80年近く前に作られたのか~。邦題でアクションものかと思いましたが、列車内で消えた英国の老婦人を探すミステリーです。とはいっても、恋愛が絡んだり笑えるシーンも沢山あって、ヒッチコック監督のイメージがすっかり変わりました。ヒロインはたくましく、まさかあの人が!?と思う人が相棒に。主役かと思ったコンビが、ミステリーにコメディのいい味付けをしてくれる!
印象に残っているのは貨物部屋でのイタリア人マジシャンとの格闘シーン。”ステップ踏んでないで手伝え”は、台詞とカメラワークがぴったりでお気に入りです。
昔の映画を観るほど、当時の社会的な背景を知っていれば面白さが増すだろうなぁと思うことがたくさんあります。