或る夜の出来事の作品情報・感想・評価・動画配信

「或る夜の出来事」に投稿された感想・評価

ひつま

ひつまの感想・評価

4.8
ヒッチハイクは脚を出せ!
こんにちは!クラークゲイブルに甘い女です!

何の接点のない男女2人が出会って惹かれあうなんて王道な話だが先が読めたとしてもかなり面白い◎

ポスターと放題のせいかポルノかと思ってたが全くエロ要素無しで途中そんなのも忘れてジェリコの壁早く壊しちゃえ〜!とか言いながら見てました凄え純粋な映画です
ある

あるの感想・評価

4.3
2022  28

年代物とは思えないほど撮影が綺麗でストーリーもすごく好き
才

才の感想・評価

3.8
吊り橋効果じゃありませんように( ˇ꒳​ˇ )
最高映画でした
Takato

Takatoの感想・評価

3.5
ストーリー、演出、小ネタ、単純に面白い!

ハリウッドにおけるラブ・ロマンスの典型、基礎になった映画なので、『ローマの休日』、『卒業』、はたまた宮崎駿『カリオストロの城』などなど色んな恋愛映画の元ネタになっている
Yosuke

Yosukeの感想・評価

2.6
少女漫画
ぬまつ

ぬまつの感想・評価

4.6
チャップリンを除いてでの最古の大好きな映画に認定です。
半平成生まれの自分にとっては、大昔の会話劇は、つまらないものは本当につまらない分、面白いものは相対的に何倍も面白く感じる。
芝居するシーンとか、ヒッチハイクのシーンとか、メチャクチャ面白い。
男も頭の回転ものすごいっすよね。

まさかの人が恋のキューピッドになった。
あこいつ絶対最後まで視聴者をイラつかせる悪役パターンだと思ってた奴がまさかだった。
そいつが男を自白(?)に追い込むシーンもまたいいよね。

そして2人を見せずに終わる。これがまたしゃれた演出で憎たらしい。
フランク·キャプラ監督の伝説的なラブコメディー映画ですが、1934年公開って何と昭和9年ですよ!
当然モノクロ映画ですが、観始めるとキャプラコメディーの世界観に引き込まれて色の有無は全く気にならなくなっています。
『風と共に去りぬ』のクラーク·ゲイブルがまだ若くて、あのキザなキャラクターがまだ出ていないのも新鮮でした。
RYU

RYUの感想・評価

4.5
37年にこの完成度はやばいし、印象的なシーンが多くて素敵な作品
即興劇、ヒッチハイク、ジェリコの壁、踏切、、
粋なラストには感服

2022年143本目
はたぴ

はたぴの感想・評価

4.7
あーーー素敵!
>|

あなたにおすすめの記事