ライアー ライアーの作品情報・感想・評価

「ライアー ライアー」に投稿された感想・評価

ちょうどいい。コメディー要素も上映時間もちょうどいい。
千里

千里の感想・評価

2.7
知人の勧めで観賞。嫌いというほどじゃないけど、元々洋画コメディ作品自体あまり進んで観たいジャンルではないということもあり、ほとんど笑えずそこまで楽しめなかった。唯一クスッと出来たのは裁判長が前立腺の話をまともに聞くところと、自分に異議あり言うところ。ストーリーにしてももう少し尺が欲しい。
RAY

RAYの感想・評価

4.1
立て続けにジム・キャリーさんの主演作を観ました。


まずは、こちらも非常に面白い作品だったということはお伝えしたいです。


だけど、僕が観た彼の主演する映画の中では、少し異質なものを感じた映画でもあります。

「だけど」と言っても、決してネガティヴに捉えた訳ではありません。

どちらかというと、新鮮に感じました。
特に、直前に『イエスマン』を観ていたこともあってーー一部では本作とイエスマンが似ているという声も聞くのでーー余計にそう感じたのかもしれません。


暖かいコメディー。


確かにそれはそうなのかもしれない。
でも、本作はそれだけではない気がしました。


テーマはタイトル通り“嘘”。


この嘘を通して、見えてくるところが幾つかあった気がします。


特に印象的だったのは、“子供”がキーになっているところ。

もう少し厳密に言うと、“子供の視点や立場”がキーになっているところです。

親からの子ではなく、子からの親という観点。
これは、コメディーの中に、社会への痛烈な指摘も込められているという事ではないかと感じました。


本作においてもジム・キャリーさんは非常に面白い。
本当にお腹を抱えて笑ってしまうくらい面白いです。

ですが、そういう演技で多くの人が観やすい作品であるからこそ、この作品のメッセージが響いたのではないかなと思っています。


レビューには書きませんが、他にも幾つかの指摘をこの映画の中に感じました。


思い切り笑いたい。泣きたい。

ジム・キャリーさんの出演する作品ではそういうことを期待してしまいますが、それだけでなくて、あらためて、映画にはメッセージがあることを教えられた様な気がします。

ジム・キャリーさんは凄い俳優さんですね。


観て良かった。
naopopo

naopopoの感想・評価

3.3
記録19T185
321
quu

quuの感想・評価

4.0
顔の筋肉はどうなってるんだろう。笑
さすがジムキャリー!大好き!面白い!
エンディングほっこり。
Simo

Simoの感想・評価

4.8
嘘をつこうとしてつけない時のジム・キャリーの葛藤の表現が面白すぎる笑

監督トム・シャドヤックのジム・キャリーに対しての表現の引き出し方が上手いなと思った。
それに観てる側の予想を超えてくる演技をアドリブで答える彼の表現力も凄い。

今まで観た映画作品であそこまで表情が豊かな俳優は観たことない。ジム・キャリーの真骨頂が観れる作品だと思う。

また嘘がつけないのにも相手の質問によっては上手く誤魔化せたり、そこから不意の質問で真実を話してしまったり話のメリハリが上手くついてるなと思った。

ストーリー上たった1日の出来事なのに十分と言えるくらい満足感のある映画だった。
ジムキャリー作品の中で1番笑った
口から生まれたっていうのはこーゆー事を言うんだなぁと見てて面白かったw

ジムキャリー好きだなぁ
ジムキャリーの表情筋が
ぶっ飛びすぎてて
無駄なことやり過ぎてて
ずっと笑ってたお腹痛い
これ見ると笑いすぎて疲れるから
疲れてない時にしかみれない
ナオ

ナオの感想・評価

5.0
ジム・キャリー天才。
>|