LalaーMukuーMerry

ライフ・イズ・ミラクルのLalaーMukuーMerryのレビュー・感想・評価

ライフ・イズ・ミラクル(2004年製作の映画)
4.5
始まったとたんに、これは好きな感じと直感!
めっちゃ、良かったです。

すっとぼけた感じの演出と、独特のバルカンの音楽が、得も言われぬ世界を作ってます。すぐに「アンダーグラウンド」を思い出しましたが、同じ監督(エミール・クストリッツァ)だった。ナットク!

この感性はユーゴスラビア(セルビア、ボスニアあたり)独特の際立ったキャラなのか、監督の才能なのか? おそらくその両方なのでしょう。彼は宗教、民族の入り乱れた複雑な旧ユーゴそのままの家庭環境の出身のようだから。

戦争が迫っている田舎なのに、この素朴でのびやかな感じといい、動物がいつも身近にいる感じといい(犬、猫、ロバ、馬、鶏、鳩、ガチョウ、ネズミ…)、いいなぁこの雰囲気。

捕虜交換の話でもあり、ラブストーリーでもあるシンプルな話ですが、戦争をこんな風に笑いに持っていく力強さと、何でしょう愛と生命力が、作品全体から溢れ出てます。

めっちゃ良い!