Aika

トゥルーマン・ショーのAikaのレビュー・感想・評価

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)
3.9
明るく爽やかな青年トゥルーマンは、家庭を持ち保険会社の仕事につき、順風満帆に見える生活を送っていた。
しかし彼の生活は巨大ドームの架空の街で、生まれた瞬間からずっと24時間全世界にリアリティ番組として放送されていた。

隠しカメラ目線で映画は進んでいき、街の人はみんな俳優。CMがないため急に奥さんや友達がトゥルーマンとの会話を無視して、CMのノリで日常品の説明を始めたりするのが面白い。

トゥルーマンはふとしたことから自分の世界のおかしさに気づく。
散々彼のプライバシーを侵害しそれを楽しんできた観客も、彼がこの世界から脱出することを応援するのが何とも皮肉。

そしてラストシーンは背筋がぞわっとした。感動とともに、あなた自身の世界は″トゥルーマンショー″ではないのか?自分の意志で自分の人生を歩んでいるのか?というメッセージが込められていた気がして。