シマシマ

トゥルーマン・ショーのシマシマのレビュー・感想・評価

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)
5.0
素晴らしい傑作です、何度も見返したくなる作品


トゥルーマンはテレビのスーパースター、彼の人生は24時間テレビの中継され世界中の人々が彼を見守る、ただし本人は全くその事を知らない。

設定だけ聞くととんでもない話に聞こえるでしょう、しかしこれは神と人間の話、トゥルーマン=自分、プロデューサー=神、視聴者=守護天使、こう考えると納得が行きます。

あらゆる手を尽くして壁を作ろうとするプロデューサー、それをもろともせず立ち向かうトゥルーマン、立ち向かうからこそ試練があり乗り越えるからこそ人生がある、
全てが作られた世界でも、彼の選択こそ筋書きの無い真の人生なのです。

中盤の父親との再会シーンはかなり恐ろしいとういか、この映画で一番の戦慄しました、まさにあのプロデューサーの意図通りにこちらの感情を、しかも「感動」を意図的に引き出してくる演出、音楽のタイミングや曲調、映像の演出で観るものを操作してくる訳ですから映画は恐ろしいです。

あと、未だに映画では劇中にわざとらしくCMや商品の宣伝が入ってますが、この映画のそれは露骨に強調されてて面白い、でもこれは未だにある現実の側面でもあるのでこれも結構恐ろしい…

ともかく見どころだらけの大変な傑作です、古さも感じないしね、ジムキャリーは日本ではやたらと「マスク」の人ってイメージですが、この人の作品は傑作が多い、エターナルサンシャイン、イエスマン、ディックアンドジェーンなどなど