せきとば

トゥルーマン・ショーのせきとばのレビュー・感想・評価

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)
3.8
トゥルーマンという1ケースについて移入するか、トゥルーマンを通じて自分が被験者となった場合のケースを想像するか、視聴者の側にたって観察するかで主たるテーマが沢山用意されてて、カメラが切り替えるたびに考えも切り替えられて面白かった。

この1年後にはマトリックスが堂々の公開。世紀末にはそれまでのカルチャーの到達点として認識論や存在論、懐疑論めいたものが沢山生まれたのかな。

我々と同じ世界を獲得したトゥルーマン、一見ハッピーエンドのように見えるけど、そうした安直な考えもこの映画はシニカルに批判していて中々意地が悪い…。

トゥルーマンにとって大海や大嵐はむしろこれから体験するものであって、その後彼が「リアル」な世界でうまくやっていけたのかどうかを知る術はないんだよなぁ。

シルヴィアの行動はヘタしたらとんでもなく破滅的である可能性もあるわけで。

うーん、考えれば考えるほどそれぞれの主題の絡ませ方が秀逸で膝を打ってしまう。