マグネッツ1号

トゥルーマン・ショーのマグネッツ1号のレビュー・感想・評価

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)
4.0
「もしも、自分の暮らす世界が演じられた偽りの世界だったら」
この映画はそんな疑問を思い浮かばせる

1人の人生のドキュメンタリー番組「トゥルーマンショー」
全てが偽りで演じられている世界で操作された人生を送る主人公
良い会社に入り仕事も順調 美人妻にも恵まれ 順風満帆な生活を送っていた
しかし、とある出来事から彼はこの世界に疑問を持ち始める

見所は設定の面白さ
「もしも自分の人生がそうだったら」と考えてしまう
また、映画のキモである事実を物語の冒頭で言ってしまうことで、ベタなどんでん返しモノとは違った見方ができてこれも◯
ジムキャリーのせいかも知れないがコメディ要素を濃く感じた
一つ気がかりだったのは、ラストがあっさりしていて そのもう少し先を観たいと思った