うしくん

トゥルーマン・ショーのうしくんのレビュー・感想・評価

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)
4.5
何が一番怖いって、ほとんどの人はこの映画を見終わった後、数分考えて寝床につくか、別の番組を見出すこと。
ほとんどの人がこの映画について自分なりの答えを出さずにこの映画を忘れていくこと。
映画を見ながら思わずゾッとしちゃったんだけど、頑張るトゥルーマンを見て「頑張れ!」って思ったこと。最後のセリフなんか画面の向こう側と同じような反応しちゃったもん。それ自体は何も悪くないのに、この映画を見た後だととても悪いことのように感じてしまう。まるで自分が映画の登場人物と同じ愚か者だと言われたように。(もちろん映画の登場人物たちは愚か者じゃないけど)
んで見終わった後、この映画何が言いたかったのかな〜って。詳しい解説は背骨さんが素晴らしいレビューを書いているのでそれ読めばわかるんだけど、自分なりに考えた結果、「僕は覗かれてないから良かった」というアホな結果に至りました。まぁ一般市民うしくんにできる最大限の抵抗ってこんなもんじゃねって。唯物論とか存在論とか色々な難しい理論が詰め込まれているんだろうけど、知識のない(映画の中の視聴者と同じ)一般市民はこんなもんだと思います。一応倫理とってるんだけどね。これからも、覗かれてもいいように、暮らしていきたいな。
さてつぎは誰の世界を覗こうか。