トゥルーマン・ショーのネタバレレビュー・内容・結末

トゥルーマン・ショー1998年製作の映画)

The Truman Show

上映日:1998年11月14日

製作国:

上映時間:103分

3.9

「トゥルーマン・ショー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

設定怖すぎて、自分がトゥルーマンの立場やったら、まじで怖い。
けど、めっちゃ面白い作品でした!

トゥルーマンなら、現実世界に出ても絶対人生楽しんで成功してそう( ^ω^ )
幼心に衝撃を受けた作品。
人生において払拭しきれずにいた疑惑の念が、”空”を表すはずの”壁”にぶち当たった瞬間に信じたくないリアルだと分かり、必死に現実だと言い聞かせるような主人公の表情がすごい。
vol.067
昔こんなふうに、自分以外はぜんぶ嘘だったらとかぜんぶ見られてて分かられてたらどうしようとか考えたことあるなあ
本当に自分の一挙一動が全国民に見られてたら私なら死にたくなる。

トゥルーマンが自分の力で逃げ出したのは良かったけど、全国民に知られてる彼が外の世界でふつうの暮らしを送れるのかなあと思った。
台風なので名作鑑賞会第3弾
恐ろしく作り上げられた世界で今まで生きてきて、いざ外に出た時にトゥルーマンはどうやって問題を対処していくのかな。TVのために作られた世界でもそれなりに人間性とか出来上がるのかな。なんだかんだ問題も対処できるように物語ができてしまっているから、逆にポジティブ100%で生きていけるのかな。
すごく面白かったからこそ外の世界を経験したトゥルーマンも見たかった!
ストーリーも演出も凄い良かった!

前半はよく訳がわからずだったけど後半は夢中になって魅入ってしまった!

ラストドームから出たけどその後の外の反応とかヒロインと再会するまで観たかったな!
自分の生活風景が24時間365日TV放送されていて、友人や恋人、親でさえもTV局の仕込みだったら...という非常に面白い設定の映画。
設定の大勝利。

ジムキャリーだから明るく見られたが、他の俳優が演じたらめちゃめちゃシリアスな映画になっていたかも。
高校生のときかな?に、なんの前情報もなしに授業でみて「世の中にこんなに面白い映画があるんや!」ってめちゃくちゃ感動した記憶だけ残ってたから、改めて見直したいなあと思ってみた!

わかりながらみるのも、他のところをいろいろみられてよかった。
全部が決められた世界にいても、好きになる人は決められへんの、いいよなあ(誰…)

今まで生きてきた世界も自分も全部が嘘やってわかったら、もし自分なら泣いて怒って自暴自棄になると思うねんけど、トゥルーマンは外の世界に出るために前向きなところが今も昔も憧れる。
視聴者に向けて、トゥルーマンのお決まりのセリフとともに深いお辞儀をするラストシーン、痺れるくらい大好き…かっこよすぎて震えた。

もしテレビでトゥルーマンショーやってたら、自分は絶対みてるやろうなあ…ほんでなんでもかんでも感情移入して、双子のおばあちゃんみたいになっちゃうやろうなあ…笑
自分も昔「人間なのは自分だけで他の人は全員ロボットなんじゃないか」と思ってたことがある。そんな妄想がこの映画。(他の人ロボットじゃないけど)

人の一生を観察しようという発想が面白い。ヒロインが周りに流されずに自分の想いを主人公に伝える所が印象に残っている。

ユニークな視点の映画なので飽きはせずに見られたが、強いて言うならば脱出した後の主人公の様子を描いて欲しかった。
最初から最後まで身を乗り出して見てた。
最初から最後まで作られた世界を見てると思ったら、すごく違和感。
トゥルーマンが全世界に愛される理由もわかる。
愉快ではない
ラストシーンが印象的
>|