トゥルーマン・ショーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

トゥルーマン・ショー1998年製作の映画)

The Truman Show

上映日:1998年11月14日

製作国:

上映時間:103分

3.9

「トゥルーマン・ショー」に投稿された感想・評価

たろう

たろうの感想・評価

2.5
変わったお話。
ジムキャリーかわいい。
トゥルーマンには人権なんて言葉はないね…

その後が気になる。
seiji

seijiの感想・評価

4.2
斬新な設定で、一歩間違えると怖い胸糞映画になりかねないところを、ジムキャリーの演技と随所に散りばめられたコメディ要素、そしてなんか清々しいラスト等、絶妙なバランスによって感じのいい娯楽映画になっていてとてもよかった。
ストーリーが斬新で面白いんだけど、私が主人公だったら精神が崩壊してしぬのでトゥルーマンメンタル強くない?
wawvv808

wawvv808の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

離島・シーヘブンで、保険会社に勤めるトゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)は、「おはよう! そして会えない時のために、こんにちはとこんばんは!おやすみ!」が口癖の明るい青年である。彼は生まれてから1度も島から出たことがなかった。それは、父と一緒に海でボートを漕いでいたときに「嵐が来るぞ」という父の警告を無視して船を進め、嵐を回避できず海に投げ出された父親を亡くしたことで、水恐怖症を患ってしまったためであった。

ある日、彼がいつものように新聞を買ったあと、雑踏の中ひとりのホームレスの老人とすれ違う。それは幼い頃、海に沈み亡くなったはずの父親だった。しかしその直後、老人は瞬く間に何者かに連れ去られてしまう。彼はこの出来事をきっかけに、自分の周囲を不審に感じ始める。

実は、トゥルーマンは生まれたときから人生の全てを24時間撮影されていた。彼はアメリカ合衆国民ですらなく、彼の人生は全てそのままリアリティ番組『トゥルーマン・ショー』として世界220か国に放送されていた。彼の住む街は万里の長城に匹敵するドーム内に作られた巨大なセットで、太陽や月、星々も機械仕掛けの照明装置に過ぎず、雨や雷鳴などの気象も人為的なものであり、そして何よりトゥルーマン以外の人物は全て俳優なのであった。もちろん死んでしまったという父も本当の父ではなく俳優であり、父親役の俳優は実際は死んでおらず、のちに感動の再会を果たすことになる。

この番組ではCMは入らず、番組中で商品の宣伝が行われている、いわゆるプロダクトプレイスメントである。例えばトゥルーマンの親友マーロン(ノア・エメリッヒ)はトゥルーマンに気付かれないように缶ビールを自然にカメラに向けてビールを宣伝している。トゥルーマンの妻メリル(ローラ・リニー)も、草刈機や万能ナイフなどを日常会話の中でさりげなく宣伝していたが、あるとき「新製品のこの『モココア』をお試しあれ。ニカラグアの大地で取れた天然のカカオ豆を使ってて最高の味よ。人工甘味料は入ってないわ。」と、日常会話としては非常に不自然で話がかみ合っていないココアの宣伝をしてしまう。これを聞いたトゥルーマンは、周囲への疑いをさらに深めていく。

そんな妻との乾いた生活の一方で、トゥルーマンは学生時代に出会ったローレンという女性のことが忘れられないでいた。当時ローレンは、虚偽の世界に生きる彼を思い、「ローレン」とは役名で本名はシルヴィアであるということ、そしてこの世界が全て偽りであることを伝えようする。しかし「シルヴィアの父」を名乗る何者かによって阻止され連れ去られてしまう。「島を出るのよ!私を探して!」。ローレンのこの言葉を最後に、それ以降トゥルーマンと会うことはなかった。

自分の世界に疑念を深めたトゥルーマンは妻の働く病院に忍び込むが、そこでは素人同然の医師たちによる手術が行われていた。医者も偽物なのだと気づいたトゥルーマンは妻を連れて島からの脱出を考え、ローレンがいるというフィジー島へ行こうとする。だが、不可解なトラブルが続発して島の外に行くことができず、さらに会ったことのない人間から「やあ、トゥルーマン」と呼ばれて混乱に陥る。脱出に失敗し落ち込むトゥルーマンを慰めようと、マーロンが死んだはずの父との再会を演出する。テレビの前の視聴者たちは感動に涙するが、トゥルーマンはそのわざとらしさから島が作り物の世界であることを確信する。

やがてトゥルーマンはカメラの目を盗んで自宅の地下室から脱走し、ボートに乗り込んで島の外へと漕ぎ出す。トゥルーマンの行動に気づいた番組プロデューサー・クリストフは、トゥルーマンを救おうとするシルヴィアの制止を振り切って、トゥルーマンを嵐の中に放り込む。水恐怖症を克服して世界の端まで向かうトゥルーマンを、視聴者たちはかたずを呑んで見守る。

ついに世界の端にある扉にたどり着いたトゥルーマンに、放送室にいるクリストフはマイクを使って話しかける。生まれたときからトゥルーマンを見続けてきたクリストフは、トゥルーマンを我が子のように考えていた。トゥルーマンは知らない世界に足を踏み出すことはできないだろうと確信しているクリストフは、「君はテレビのスターなんだ、何か言えよ!」と言う。するとトゥルーマンは突然カメラに向かって笑顔を見せ、いつもの調子で「会えない時のために、こんにちはとこんばんは!」と言い放つ。唖然とするクリストフを尻目に、トゥルーマンはセットの外の世界へと踏み出し、画面から去っていく。

視聴者たちは『トゥルーマン・ショー』のエンディングに拍手を送った後、「次の番組はなんだ?」とチャンネルを切り替える。

Wikipediaより

マスク、トゥルーマン・ショー、イエスマンの三大ジム・キャリー映画。エターナル・サンシャインも捨て難いけど。
愛する人や友達が演技だとヤダな。
joseph18

joseph18の感想・評価

3.5
見られ続けられる人生って嫌やなかんじやろなぁっと。自分の嫁とか、周りのみんな役者さんで構成されてると思うとまじで恐怖しかない。

トゥルーマンの疑い出したところから、最後にかけてはすごいおもしろかった。
すごいアイデアのユニークな話だと思います。
世にも奇妙な物語。
最初のライトが落ちてくるシーンは面白かった。

ジムキャリーの凄さに感服しました。
はけ

はけの感想・評価

3.9
あらすじ
ジャケの写真のとおり。

感想
かなり昔にも観て、全部覚えている通りの内容だったが、それでも面白い。
というか、二度目以降の方が面白いまである。
小さい頃、誰もが一度は考えた事があるお話ですよね。
古くはプラトンの提唱した洞窟の比喩、最近ではニック・ボストロムのシミュレーション仮説と、人類は世界が仮想現実かも? と想像するのが大好き。
仮想現実である証拠みたいなものもどんどん見つかってる感じで、私たちがディレクターと会うのも、そう遠くない事なのかも知れませんねー。
会えない時の為に。

もしもこれが、自分の身に起きてる事で、自分の生活全てが中継されてると考えたら…わたしとしては別にどうでもいいですねー!
勝手に見ればー?




ネタバレあり感想

ネットでプライベートを見せる、みたいな事をやってる人が爆発的に増えてる昨今だと、最初に見たときとは割と感想変わっていました。
シルビアとか、現代視点で見ると結構やばい奴ですよね。
配信されてる動画の人気者に接触したいと考える時点で割と痛いのに、プロジェクトを壊す行動までしてしまうという。

ラスト、ディレクターの反応は割と違和感。
そこまでの会話って、最終回を盛り上げる為の演出かと思って見てたので。
あそこからトゥルーマンが中に戻っても、多分もうそれからの生活に興味を持つ視聴者なんて居ないと思うし、そのくらいの事、この人ならわかるのでは。
Zambi

Zambiの感想・評価

2.8
本気のテラスハウス…?笑

全ての人の人生はドラマということです。
Peachica

Peachicaの感想・評価

5.0
良き物語
naco

nacoの感想・評価

3.5
斬新な設定で驚きました。
思いついた人すごいですね!
ジムキャリーがこの役にぴったり
はまりすぎていました!