トゥルーマン・ショーの作品情報・感想・評価・動画配信

トゥルーマン・ショー1998年製作の映画)

The Truman Show

上映日:1998年11月14日

製作国:

上映時間:103分

3.9

「トゥルーマン・ショー」に投稿された感想・評価

おいおいこんなに面白いことあるかよ
好きな設定でした
Masa

Masaの感想・評価

3.7
日本のリアリティショー番組も驚きの"ほんまもんの"リアリティショー。
まるで世にも奇妙な物語。
もし自分がトゥルーマンの立場だったら……
あんなドームの中で完結してしまう人生……
でも、日本という小さい世界だけで生きてる自分もある意味似たようなもの。
もっと大きい世界が広がってるんだよなー。
晒されるのは嫌だけど、あんな風に自分を俯瞰で見てみたい。
こーき

こーきの感想・評価

4.0
名作と呼ばれているが、話の大筋知ってしまっているからか、あまり感動?できず
halkey

halkeyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

記録

面白い。そして、怖い。
パノプティコンをおもいだした。

ラストの「念の為こんにちは、こんばんは」
はトゥルーマン自身が放送されていることに気づいていたということ?

面白かったし、没入出来たけど、片手間に見たこともあり、そこまで理解出来なかった

もし、自分がトゥルーマン・ショーとして放送されていたら、あまりにも人に見せられない生活過ぎて、怖くなる笑
モダン

モダンの感想・評価

4.0
いやおもろ
kei

keiの感想・評価

4.0
昔観た
yano

yanoの感想・評価

2.7
20年前にデートで高橋さん(Dカップ)と観に行って以来なんとなく見返してみたが、ラストで完全に白けている自分がいて、もはや「普通にいい話」を映画に全く求めていないことが判明して悲しくなった。
人々は枠の中に閉じ込められるのを恐れるが、自分がすでに枠、つまり自分の脳の中に閉じ込められていることになかなか気付けない。更には無数の独自の虚構を持つ人間社会の中に閉じ込められている。物の購買や消費が我々を幸せにするという資本主義の神話にだまされつつ。小池百合子に投票した人達はマトリックスの中に生きているのだろう。
動物園の動物たちの野生味を無くした目を思い出す。彼らは一生食うには困らないが、その場所から出ることはできない。安部公房の言葉で言えば充足した監獄か欠乏した自由か。物語は後者に至るわけだが、この映画の一番の不満点はトゥルーマンが本物の世界を発見し、そこでどんな代替人生を見つけられるかについて全く示されないことに尽きる。見つけたーー!!そして決め台詞バチーン!って感じでそのままエンドロール、、、ハリウッド脚本メソッドに基づきトゥルーマンの行動に魅了された我々は相変わらず安全地帯に留まるのみ。1998年の時点ではそれでよかったのかもしれないが、残念ながら2020年の感覚では受け取るものは皆無だった。
ruko

rukoの感想・評価

4.0
最初からものすごい違和感。
張り付いたような笑顔と、まるでセリフのような会話。

その違和感は大正解で、主人公以外全て作り物だった!!

最初はなんのこっちゃか理解できなかったけど、だんだん真相がわかっくると、トゥルーマンがもがき、抜け出そうとする姿をかたずを飲んで食い入るように見ていた。

まるで劇中トゥルーマン・ショーの視聴者のように。

p.s
もうどうしてもガマンできないから追記するけど、
最初から最後までジム・キャリーが
原田泰造にしか見えなかった🙈💦
>|