トゥルーマン・ショーの作品情報・感想・評価・動画配信

トゥルーマン・ショー1998年製作の映画)

The Truman Show

上映日:1998年11月14日

製作国:

上映時間:103分

3.9

「トゥルーマン・ショー」に投稿された感想・評価

おいおいこんなに面白いことあるかよ
面白かった、
日本人家族の「ラブ!ラブ!ラブ!トルーマンショー」のTシャツほしい
彩

彩の感想・評価

4.0
生まれてからの行動を全てテレビ中継されてる話。
周りの人は身内も含め全員エキストラ
トゥルーマンは徐々に何かがおかしいってことに気付きはじめる、、
普通にテレビ中継されてるとか絶対嫌よね笑
でもすごい心温まる映画見て欲しいおすすめ
鈴

鈴の感想・評価

4.7
結局信じれるのは自分だけ

目に見えてるもの聞こえてるもの与えられた環境が本物だと信じて疑わないのって怖いことなのかもしれませんね

この世界は全て人間か未知の生物かも分からない者の頭の中の空想で、全ては綿密に練られた虚構だという説を中学生くらいの時に聞いたことを思い出しました

「今触れてるものが実際に存在してるって言い切れる?どうして実在するって分かるの?」と友達に突然聞かれて物理学者じゃないので根拠なんて分からないし科学的に証明されていたとしてもそれすらも正しいのかなんて分からないという話

じゃあ何を信じれば良いのっていうことになりますが、当時も今も私はこれがもし虚構ならそれはそれでいいんじゃないかと思っています

重要なのはこれが何者かに操作されているのかという真実よりも、主観的に自由に思考・行動が出来ているかどうかでそれが出来ているのであれば良いのではないでしょうか

Trumanは途中で自分の行動が制限されている事に気付いたので、虚構の世界から脱出すべきであったしそれを成し得ました
気付かなければあの人生を受け容れて死ぬまで檻の中でしたが、それはそれで彼のとっての真実だったのなら良いのではないかと思います


エンターテインメイトは可能性が無限大だからこそ倫理的、道徳的な線引きは重要ですよね

一方でTruman showのディレクターのエンターテインメイトを追求する姿勢や
自分の社会に対して考えることを作品にアウトプットして、実際に大規模なロングラン番組を成功させているところはエンターテイナーとしてはプロフェッショナルで
これがモノを作る人の目指すべきところだなと思いました

とても好きなタイプの映画でした〜

このレビューはネタバレを含みます

小学生で見てたらトラウマになって何もかも信じられなくなるところだった…
ジムキャリーの演技力よ…

私は子供なので、あと一時間程伸ばして最後までどうなったのか教えて欲しいと思ってしまった。ラストから先はトゥルーマンの為だけの人生がはじまるもんね…。
視聴者としてトゥルーマンを見守れるのはここまでということなのね…。
設定は面白いが、それ以上の展開はない。
Kotakota

Kotakotaの感想・評価

3.7
このスケール大きい設定がすごい。
面白かった。でも、色々考えさられる点も多かった。
満子

満子の感想・評価

5.0
こわいよ〜〜(;o;)
TOUFU

TOUFUの感想・評価

4.1
ちゃんと観たのは初。病名にもなった有名な映画だけあって、今見ても揺さぶられるものがあるなぁと感じた。シルビア役をしたナターシャの若い頃、めちゃくちゃ綺麗
清水

清水の感想・評価

4.0
前にDVD借りて見た
最後の流れ、この人にとってはいつも通りなんだけどあまりにも綺麗に締めてしまう

アンドリューニコルの映画の締め大体好き
>|