冬物語の作品情報・感想・評価

「冬物語」に投稿された感想・評価

U

Uの感想・評価

-
2019.4.28 DVD #104

定期的に見直したい。
信じることの尊さ。
1000

1000の感想・評価

3.5
ロメールを見れば見るほど、フランス人のライフスタイルは生理的に無理っすわ…って気持ち。
それはともかく、これだけワンパの会話劇を、次から次へと思いつく手腕は大したもの。あいかわらず、賛美なのか揶揄なのかが見えず、不穏だ。
No.850[確かにちょっと猫っぽい] 96点

ロメールに関しては意外と観ていて、『獅子座』から"六つの教訓物語"は全部観た。ただ、続く"喜劇と格言劇"は『海辺のポーリーヌ』『満月の夜』と立て続けに合わなかったので『友だちの恋人』だけ観て立ち去った。加えてアマンダ・ラングレ目当てに『夏物語』も観ていて、自分でも驚きだが11本も観ていたことになる。ちょっと感動。ということで2年ぶりのロメールはシャルロット・ヴェリ目当ての本作品にすんなり決定した。理由は横顔がリンダ・カーデリーニに似ているから。スカートよりも仕事着のパンツ姿の方が似合っていたし、何なら冒頭の薄着のほうが私は好きだがね。

猫。そう、猫。自由に生きるフェリシーの生き方は猫そのものである。人間で言えば"気分屋"とでも呼べば良いのか。御託を並べて理想を語りつつ、好きでもないことは続けようとはしない。そりゃそうだ、それが正しい。そんな強さを持つ反面、どうしたって男性に近付いてしまう弱さ(というか猫っぽさ)も併せ持った女性と言えるだろう。ただ、個人的に彼女の生き方は自由と自分勝手の端境を往来しているように思えるので、傍から見ている限りでは彼女を応援できるが、巻き込まれたら堪らんなぁと。だって、"本当に好きな人じゃないと暮らせない"ってフェリシーは言うけど、それはマクサンスだって同じだったはずなのに、彼女の言い分は映画として正当化されるのに対して、おっさんの言い分はサラッと流される。おっさんには適用不可な理論なのか、それともそもそもおっさんに味方するつもりがないのかは知らんが、こればっかりは同じおっさんとして許容し難い。

映画は散々"恋の現実"として、冴えないおっさんたちを相手にあーでもないこーでもないと理論を捏ねくり回し続け、"運命の愛"を待ち続けた猫ちゃんに対して、理想が舞い降りるありえないラストを迎える。シャルルが理想像のまま現れるのは"嘘やん"って感じだが、この手の"運命の愛の幻影に人生の時間を無駄に消費しちゃった"系の地獄の映画はジャック・ドゥミ『ローラ』やサボー・イシュトヴァン『Lovefilm』など名作が既に揃っているからお伽噺めいた話もいいのかもしれない。ただ、映画は体の良いところで切れているが、結局シャルルにも幻滅するんだろうことは想像に難くない。まぁそれで良いんじゃないすか。私は多分犬派なんで。
tokio

tokioの感想・評価

4.1
Rec.
❶19.04.30,rv
時間の流れ方が絵本みたいでやさしい
この世界でだったら人生がんばってみたい
たろ

たろの感想・評価

3.0
とりあえず子供がまじでかわいい!
外人の女の子をさらってきて7歳くらいまで育てたい!

話的には夏物語と似てるんだけど主人公が女性だからかあんまり感情移入できなかった
あと序盤でもっとシャルルが以下にすばらしい男性か描いといて欲しかったなぁ・・・
なんかあんまりラストに説得力がないw

主人公の馬鹿っぽいんだけど実はちゃんと自分を持ってる感じはすごくよかったです


これでロメールの四季の物語は全部見たわけだが夏物語がいちばん面白かったね!
やっぱ俺夏がいちばん好きだしw
100億点です。ロメールばしばし観ていきたい。
ooospem

ooospemの感想・評価

5.0
もう最高。四季の物語シリーズ第二作。この女の子が思いつきで観に行くシェークスピアの舞台『冬物語』からとってる。うまいなぁ。「私は教養がないから頭でっかちのあなたにはついて行けない。あなたは本の虫。頭で恋してる。愛の言葉を囁くにも引用を探しかねない。私はもっと感覚的で自由でいたいの」って教養がないからなんて優しい嘘ね。ロメールの女はいつも自由。そしていつも正しい。自分を愛する男に「あなたの愛に応えてくれる女の子を探しなさい」って言えるくらい強い。でもいつも愛してくれる男の、嫌いな理由を説明できるわけないじゃない。言葉で感情を定義するのはいや。ううん彼のことだって嫌いなんじゃない。しっくりこない。優しくて物知りで知らない世界を見せてくれるかもしれないけど、ほんとにくっつきたいのは違う人。しっくりくる“あの人”を知ってるから分かるの。彼以外愛せない。でもちゃんと友達でいて。違う場所で私を楽しませて。なんでこういう女心をロメールは分かるんだろうね。ロメールの女は運命を本気で信じてる。おとぎっぽく描くけど、運命の直感にドキッとしない女子なんていない。それでほんとに運命の引き合いって起こるの知ってるんだよね。
m

mの感想・評価

4.0
前半我慢すれば後半めちゃいい
>|