バンド・ワゴンの作品情報・感想・評価

「バンド・ワゴン」に投稿された感想・評価

一世を風靡した栄光も過去の物。時代は流れ往年のミュージカルスター トニー・ハンター(フレッド・アステア)の名声も最早消えてしまい。競売にかけられたトニーの私物は50セントの価値も無い。
ニューヨークへ足を運んだトニー。ここでも時代の奔流に乗り損ねた自らを痛感することになった。トニーの出演する舞台の演出を担当するジェフリー・コルドバ(ジャック・ブッキャナン)との出会いによって。
コルドバは正しく時代の寵児であった。


栄光からの転落、そして再起をはかり行動し成し遂げるまでの、完成されたエンターテインメントだった。
フレッド・アステアの優雅さは仕草の端々から感じられ、真骨頂のダンスは魅了されること間違いない。
ミュージカル映画の歴史に燦然と輝く名作だった。
みづき

みづきの感想・評価

4.0
こんな風に踊れる人は現代にいるのでしょうか
赤鬼

赤鬼の感想・評価

4.8
ヴィンセント ミネリの輝かしき名作!役柄の現状とフレッド アステアの現状がリンクしており尚更物語に拍車をかけていた。that’s entertainmentは正にこの映画そのもの。素晴らしいダンスシーンもそうだけど、こんなにミュージカルのお手本みたいな作品を作れたなんて彼の演出は神がかってるとしか思えない。宝塚で見る大好きなショーの数々はこういう作品の影響をモロに受けて出来たのかと初めて知る事が出来ました。巴里のアメリカ人も大好きだけど、何故ミュージカルに魅せられ惹きつけられるのかはこちらの方が伝わっている気がするし、私自身がとんでもなく感動してしまった。名作ってやっぱり見る価値ありますね。
1つだけ言わせて頂くならばシド チャリシーのバレエの時の肩甲骨の使い方と首の見せ方が気になってしまった…。
yui

yuiの感想・評価

-
2014.01
フレッド・アステア主演
名作ミュージカル
あや

あやの感想・評価

3.9
記録忘れ
2017/06/17 ~ 2017/07/07
ミュージカル映画特集Ⅱ
ララランドで今作をオマージュしているというシーンが好きだから観たくて(^^)
そのシーンはたしかに素敵✨

でもクライマックスでもっとステップ炸裂させるのかと思って楽しみに待ち構えてたから肩透かしでションボリ
そういう点では最初頃の靴磨きとのダンスが見応えあったなぁ

タモリ派なので点数はどうしても😅

2018 9 DVD
鈴渚

鈴渚の感想・評価

4.5
ショーはロングランね
そして私は……永遠にロングランよ
ぺ

ぺの感想・評価

3.8
ザッツエンターテイメント

これぞミュージカル。ストーリーは特に飛び抜けたとこは無いけど歌と踊りは最高。
中でも3つ子の赤ちゃんに扮するダンスがお気に入り。

フレッドアステアのじんわりと気品溢れる感じ好きだな。
mei

meiの感想・評価

3.7
\\ これがエンターテインメント!!//

ダンスと歌が最高ぉぉぉ\(^o^)/
あのステップが〜とか難しいことは分からないけど、単純に見ていてすごくすごく楽しい!

これがエンターテインメントなんですね!そら豆さん!!(※そら豆=フレッド・アステア)

シドチャーリーとそら豆さんが2人で踊るシーンは華やか且つしなやか!はあ〜っ素敵だなあ〜。うっとりしちゃいました(*´`)ノノ゙✧

小さい時にバレエ習っておけばよかった!
そしたら私もあんなしなやかで上品な女性になってた…わけないか。現実って厳しい。

ダンスと歌のシーンはピカイチだったけど、深夜に見たこともあってストーリーがあまり頭の中に入ってこなかったのでまた観直さなきゃ_(:3」∠)_ねむ〜
>|