バンド・ワゴンの作品情報・感想・評価

「バンド・ワゴン」に投稿された感想・評価

一世を風靡した栄光も過去の物。時代は流れ往年のミュージカルスター トニー・ハンター(フレッド・アステア)の名声も最早消えてしまい。競売にかけられたトニーの私物は50セントの価値も無い。
ニューヨークへ足を運んだトニー。ここでも時代の奔流に乗り損ねた自らを痛感することになった。トニーの出演する舞台の演出を担当するジェフリー・コルドバ(ジャック・ブッキャナン)との出会いによって。
コルドバは正しく時代の寵児であった。


栄光からの転落、そして再起をはかり行動し成し遂げるまでの、完成されたエンターテインメントだった。
フレッド・アステアの優雅さは仕草の端々から感じられ、真骨頂のダンスは魅了されること間違いない。
ミュージカル映画の歴史に燦然と輝く名作だった。
Yukino

Yukinoの感想・評価

3.8
うーん?フレッドアステア作品の中ではあんまり、、だったな?

たぶんタップのシーンが少ないからかな。バレエやるっていうストーリーなので、いつものダンスは見れないけどそれでも優雅さは変わらず!!
みんなでよし頑張ろう!っていうシーンで歌って踊るところはやっぱり最高

まだまだみたい〜制覇したい〜
犬

犬の感想・評価

3.7
エンターテイメント

ダンサーとして名声を得たトニー
旧友のマートン夫妻が持ち込んだ企画にのった彼は、バレリーナのガブリエルとともに初演を迎えるが……

ヴィンセント・ミネリ監督、フレッド・アステアによるテクニカラーのミュージカル

華やかな世界のお話

歌とダンス
様々なバリエーションがありました

舞台セットがなかなか
バレエも取り入れ、ダンス良かったです

全米各地を回る
終盤は一気に盛り上がりました
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
「ザッツ・エンターテイメント」の中で見たシーンがいくつもありましたね。夜の公園での2人のダンスシーンは「ラ・ラ・ランド」の元ネタですね。フレッド・アステアは優雅だな~。

まぁなんとなく古典の風格はありますけれど、これが傑作かというと、う~んという感じ。大不評だった新作ミュージカルを作り直して起死回生を狙うという設定はなかなか愉快ですが、コメディとして生かし切れてないんだなぁ。楽曲も有名な「ザッツ・エンターテイメント」以外は特に印象に残らないですし。
フレッド・アステアの身のこなしを存分に堪能できる一本。細身のシルエットがタキシードにハット・ステッキ姿とマッチしてまさに至高。
遊技場のダンスシーンのきらびやかなこと、あと夕暮れ時に街灯とベンチがある道路で男女が踊るシーンは『ラ・ラ・ランド』でオマージュしてた所かな。
足を折りたたんで椅子に座るアステアがかわいい。
終盤の舞台様式のミュージカルシーンは、今ではあまり見ない立体的な撮り方をしてて新鮮に写った。
otto

ottoの感想・評価

3.1
この時代の舞台や衣装は最高。明るくて楽しい。でもやっぱり雨に唄えばのほうがレベル高い!
tunatuna69

tunatuna69の感想・評価

4.2
ザ.エンターテイメント!
No.254[映画史を横断する近代的レビュー映画] 70点

前年に公開された「雨に唄えば」と同じく、往年のミュージカルスターがミュージカル史を横断するミュージカル。バークレー時代のレビュー映画に近代的な物語を加えた華麗な"混ぜもの"であるが、54歳アステアの華麗な足さばきを見ても心惹かれないのはなぜか。絶妙に枯れたアステアが年齢の問題から可能な出演シーンを次々簡単なものに変えられているのにイジケているシーンを見ても心惹かれないのはなぜか。

それは通常ミュージカルシーンでアステアの年齢を意識させるからだと思う。チャリシーと踊るシーンも"実はアステアの年齢を考慮してこの尺になったのか"とか"もっと大掛かりな技は省かれたのか"とか、映画で言及したばっかりに肝心のミュージカルシーンに集中できなかった。勿論チャリシーのスカートがブワーっと広がるシーンはその美しさに泣けて来るんだが。

唯一、初演終了後に愚痴パーティをやるとこはアステアとチャリシーがone of themに紛れ込んでいる感じがして好きだった。

取り敢えず、ミステリーものをミュージカルっぽくやると映画泥棒のCMみたいになるってことは分かった。
たな

たなの感想・評価

3.8
音楽と色彩がすごく良かった。
一番好きなナンバーは、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』だった。うまくいかないアステアとチャリシーがダンスで心を通わせる感じがとても良かった。すごく優雅で綺麗だった。チャリシーのスタイル鬼すぎ。
yuma

yumaの感想・評価

4.0

当時のフレッド・アステア本人と重なるストーリー。この人のダンスシーンは、見ていて本当に楽しい。

「That's entertainment」はもちろん名曲ですが、マイケル・ジャクソンが「Smooth Criminal」としてオマージュした「Girl hunt ballet」も好き。
>|