バンド・ワゴンの作品情報・感想・評価

「バンド・ワゴン」に投稿された感想・評価

一世を風靡した栄光も過去の物。時代は流れ往年のミュージカルスター トニー・ハンター(フレッド・アステア)の名声も最早消えてしまい。競売にかけられたトニーの私物は50セントの価値も無い。
ニューヨークへ足を運んだトニー。ここでも時代の奔流に乗り損ねた自らを痛感することになった。トニーの出演する舞台の演出を担当するジェフリー・コルドバ(ジャック・ブッキャナン)との出会いによって。
コルドバは正しく時代の寵児であった。


栄光からの転落、そして再起をはかり行動し成し遂げるまでの、完成されたエンターテインメントだった。
フレッド・アステアの優雅さは仕草の端々から感じられ、真骨頂のダンスは魅了されること間違いない。
ミュージカル映画の歴史に燦然と輝く名作だった。
244

244の感想・評価

3.9
シドチャリシーの美しさが半端ない。それだけでも観てて幸せになる。。

舞台本番に間に合わせるのに皆んなが焦って準備してるシーン、lalalandがオマージュした夕暮れのダンスシーンかなり好き◎

古いこの時代の映画のオープニングのワクワク感がハマります
アステア作品!しかもカラー!
CGがなくても、楽しめる!
映画を観てるっていう感覚よりも、エンターテイメントを観てるっていう感覚の方が強い。

"That's Entertainment"って曲が好きやった!
あと3つ子で歌うところ!歌詞とは裏腹にかわいく歌ってるのが好き(笑)
もす

もすの感想・評価

3.8
フレッドアステアの踊りも歌もよかったです。彼の全盛期の踊りを見てみたい。シドチャリシーが美しすぎる。2人の公園のベンチで踊るシーンはもえます。最後の劇?は微妙だったけど、ストーリーも面白かったです。
すみれ

すみれの感想・評価

4.0
赤ちゃんのシーンすき
RACMO

RACMOの感想・評価

4.0
シドチャリシーとアステアが踊ってればそれだけで眼福です。
NATSUKOTAN

NATSUKOTANの感想・評価

3.5
安心して見られるけど意外性は全くない。
絶対面白いはずと期待値が高すぎたのかも。
Fukiko

Fukikoの感想・評価

4.8
はからずもめちゃくちゃ泣いた
ゆこ

ゆこの感想・評価

3.2
古き良きハリウッドミュージカル
大団円で終わるお馴染みな結末
安心が保証されてる時代の良さがあった

ザッツエンターテイメントが耳に残る
最初の靴磨きのところで、はてなボックスから仕掛けが溢れ出すシーンのワクワク感
殺し屋の幕のギャビーの表が黒いラメで裏地が真っ赤のドレスはちゃめちゃに可愛い
その後も黒基調にビビットな差し色のジャケットとかも出てきてカッコ良かった ショーマンっぽい!

フレッド・アステアが個人的にそこまで好きじゃないけど、歌上手いな〜
いかにも運動神経良いですって顔してる
>|