青二歳

ラスベガスをぶっつぶせの青二歳のレビュー・感想・評価

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)
2.6
ギャンブルは好ましく思えないので食指動かず。でも主人公がMIT在学中にハーバード医科大に合格しちゃう優秀な青年だけど奥手…って設定に童貞アンテナがピピっ。鬼太郎!父さん!と小芝居打ちながら手を伸ばし…たけどこんなん童貞映画じゃないやい。(誰もそんなこた言ってない)
お調子乗りすぎてリア充にも程がある…もうちょっとマゴついてて欲しかった。ケッ(´Д` )美女もなんでこいつに惚れたやら(いい子なのは分かるけどさ)。

学費が必要、加えて人生に何か学業以外のものを求めてる…とは言っても青年よ、お前さんの性格なら美女にネクタイ結ばれなきゃこんな話断ってただろ!下心が見え見えだぞ!
でた童貞の女の子点数付け!あ正確に言うと童貞でなくても若い男子はやりがち。仲間うちで虚勢張り合っちゃって滑稽な光景です…なぜ童貞同士でピアプレッシャー掛け合うんだか。でもこいつらオタク仲間が可愛いからご容赦を。
こんな感じで前半は童貞特性が見えて応援してたのに…でもたまには成長するハッピー童貞映画もアリです。しかし長い。