デッドゾーンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「デッドゾーン」に投稿された感想・評価

Taka29

Taka29の感想・評価

3.9
やっぱりデイビッドクローネンバーグの作品は何か頭を使うw
そういう作品が多いw
やっぱりアメリカの作品と何か違うような感じが僕はどうしてもしてしまうw

これもスティーブンキングでしたかw これは当たりかもw セルははずれだったのでw

キャストもマーティンシーンとかすごい面々だし、特にクリストファーウォーケンねwあの悪役面の俳優の演技がなんともw
顔をくしゃっとして笑うところが不気味でしたw

これはホラーというよりサスペンスチックでしたね^_^

感情移入はしなかったけどね(;´Д`A
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
スティーヴン・キング原作のデヴィッド・クローネンバーグ作品。初期の監督作品としては珍しく社会派な面もある。事故により予知能力を得た男を主演クリストファー・ウォーケンが演じる。1番インパクトがあり監督らしかったのはダッドの自殺シーンだな。良い話なんだけど監督作品としては毒が足らないかな、自分には。
キングすごいわ

寝たきりから目覚めた、男の心情を上手く見せつつも、予知という超能力的な要素も絡め

その二つを、しっかりと100分でまとめあげているにもかかわらず、スケールはソコソコで抑え

予算にも優しいが、しっかりと纏まった脚本

最後のまとめ方も、理想的で端的にわかるように作られておりこれこそ素晴らしい脚本なのだと

花は無いが、面白かった、一番金をかけているのが、医者の手を握った時の回想で少し笑った。
キング原作がこんなに多いのってこれみたいにそこそこのスケールでちゃんと盛り上がる物語になるからなのかな
碧SU

碧SUの感想・評価

4.0
※ネタバレではないにせよ、少し内容に踏み込んでます。

ずっと観たかった作品。
デラックス版のDVDを購入、初鑑賞です。

いきなり長々と見せるタイトルの出し方が好きだ。
文字のバランスが絶妙で真っ黒の背景にバシっと決まる。
このオープニングの音楽も良いね!

若きクリストファー・ウォーケンの笑顔が素敵すぎる。
1つ1つのエピソードとして見ようと思えば見れる。
やはり連続殺人事件の犯人探しエピソードが好きだ。
保安官が強烈に印象に残る男前っぷり。どこかで見た顔だ…
あ!ノストロモ号船長か!どうりで佇まいに安心するわけだ。
トム・スケリット、ほんとに良い役者ですね!
彼の出演作、もっと見ようと思います。
あと、マーティン・シーンもハマリ役。

主人公、孤独が似合うって書いたら失礼な話だけど、
最初から孤独が付き纏い、とにかく切なかった。
けっこう好きな終わり方。
エンドロールに入る前の台詞が…泣けます。
さて特典のインタビュー映像でも見るとしよう。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.9
知り合いから薦められて鑑賞。
スティーブン・キング原作。スティーブン・キングは良くもまあこんなにいろんな話思いつくなぁと感心。
クリストファー・ウォーケン主演。若き日(とはいえ40歳くらい)のクリストファー・ウォーケン男前。そして悲愴感のある役は良く似合う。
デヴィッド・クローネンバーグ監督。デヴィッド・クローネンバーグの作品て正直よく分からないものが多くて、自分に合わないなぁと避けてきたんだけど、これはおもしろかった。音楽とかカメラワークもよく計算されていて素晴らしかった。
内容は前半は昏睡状態から目様めて特殊能力が目覚めた男の苦悩、後半は「昔に戻れたらヒトラーを殺すか」という例えもでてくるようにトロッコ問題(綿密にいうとちょっと違うけど)に直面する男の苦悩。つまりクリストファー・ウォーケンはずっと苦悩してる笑 かなり特殊能力でいろいろな人を救うんだけど、特に感謝もされず。本当に観てて可哀想になる。悲哀の似合う役者クリストファー・ウォーケン。ラストの決着の仕方もなかなか話的には良く出来てると思うけどね。悲しいね、、、
しかし途中で自殺するシリアルキラーの警察官がいるんだけど、あの自殺の仕方がアクロバティックすぎてビビる。本当は原作ではあそこらへんもっと詳しく描かれてるのかな?映画だとたぶん時間的に省略しまくってるからすごくショッキングだった。
昔のクローネンバーグをもう少し観てみようかなぁと思える一作でした。
2018-105
エビラ

エビラの感想・評価

3.7
キング&クローネンバーグ。昔見たんだが細部は忘れてしまった。若い頃のクリストファーウォーケンはいい仕事してると思う。デッドゾーンしかり、ブレードランナーしかり、ナイトホークスしかり。

このレビューはネタバレを含みます

タイトルの出方変だなぁ〜〜って最初思った。面白い。

主人公の教師時の格好ドドドドドドタイプだった。

死が見えるシーンはドキドキしたはしたけどそんなに怖い印象にならなかった。
どこの親子も愛情がしっかりしてる。殺人鬼のところでも。基本的に主人公の周りは最初から最後までいい人ばかりでよかった。お医者さんがお母さんに電話するシーンよかった。殺人鬼の親子のところもかなりよかった。クリスのお父さんもすごい息子のこと思ってて、だからこそジョニーの方を信じちゃうのにちょっと寂しそうなのと、息子のこと殺すかもしれなかったことで放心してるところは泣けた。

ジェットコースター誰も乗ってないの笑った。サラが本当にかわいそう。結婚したとはいえジョニーのこと想ってた、し、愛した人に独身で借金もないから死んでも誰に気にされないのが望みだなんて言われたらそりゃ泣くわ、悲しくてしょうがないわ。

怖かったのはスティルソンの狂気じみた欲望と、主人公の力を頼りにしてくる人達と、あと操作してる時に「霊感に頼るのか!」って言ってた人達。主人公の周りがみんないい人なだけに、はっきりした悪とか、モブとかは見事に人間の怖い部分が出ていたと思う。

主人公のお父さんすごいかわいそうでかわいかった。わしじゃダメだよねって、その後のジョニーの顔も優しすぎて泣いた。ジョニーの笑顔めっちゃよかった。