ローレライの作品情報・感想・評価

「ローレライ」に投稿された感想・評価

Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.0
なぜか家族で映画館で観た作品。
予想と違ったー
みたいな。
yuri

yuriの感想・評価

3.0
SF要素、ファンタジー要素については置いておいて、潜水艦を舞台にした戦争モノは初鑑賞だったのでその点では楽しめたかな、と。
そこまで知識もないので、実際の戦争とどうとかそういう点は抜きにして・・・終盤30分の奇襲攻撃はわくわくした。
つまらなーい。ただの一言でいいんじゃない。
フジTVも金出してるし、駄目だな。
なんでこんな映画の為に日本の一流どころの男優集めた。女優を集めなかっただけまだ良かった
日本兵士の描き方も可笑しいし。
なんなんだろう、この映画、超能力の戦争利用、ってSF?だったら、その少女に空飛ばして敵やっつけるくらいやっちゃった方がスッキリするし。大体、この映画で何を言いたかったのかな?
中途半端なSFとマンガチックな、御都合主義のシナリオと作り、呆れるほどの軽いロマンとヒロイズム。
現在の奇想天外な劇画の方が楽しめる。
日本映画の劣化、この頃からか?
黒澤明から何にも学んでないね。
公開時観たかったが、観損ねてた。そのまま忘れていたが、Amazon primeで見つけて鑑賞。
豪華キャストと最後まで目を逸させない展開で面白かった。
世の中、目に見えるものが全てではないのだよ。
パウラは綾波やララァを思わせる設定で魅力あるキャラでした。
と思ったら、富野さん、庵野さんが出演していた❗️
BOEING787

BOEING787の感想・評価

1.8
ドイツ出身(香椎由宇)のニュータイプが、プラグスーツを着て日本語をベラベラ喋りながら「ローレライ」という水中専用のモビルアーマーを駆使して、大東亜戦争末期に大量のアメリカ軍船団をボコボコにして日本を救うというステキなお話。戦艦の中で安い仲間割れをしてみたり、溝に入った野球のボールを取ろうとして手が抜けなくなって、仲間が死んだり、もう恥ずかしくなっちゃいました。ピエール瀧も出演してますので、ある意味迷作です(笑)
ヤマト

ヤマトの感想・評価

2.4
山本五十六を演じた役所広司を筆頭にキャストは豪華でしたが、設定が非現実な為、戦争映画としてのリアリティーが欠けてしまったように思えました。
期待ゆえの残念さという感じです。
Lily

Lilyの感想・評価

-
戦争ものだし観たくて観たけど設定が非現実だったので少し残念!キャストは良い
まきし

まきしの感想・評価

3.0
2019/09/23 DVD 1107作品目
>|