ハート・ロッカーの作品情報・感想・評価

ハート・ロッカー2008年製作の映画)

THE HURT LOCKER

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.6

「ハート・ロッカー」に投稿された感想・評価

記録
アンソニーマッキーファルコン役の人が出てたんですね。最近気づきました。
主人公の奥さんが浮気に走らないことを祈るばかりです。
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「ハート・ロッカー」
原題「The Hurt Locker」
2010/3/6公開 アメリカ作品 2018-202
アカデミー賞作品賞再鑑賞シリーズ
2010年第82回 アカデミー賞作品賞

息をのむ爆弾処理シーンの連続はスリル満点!本作は万人が共感できる傑作と絶賛されたんですよね。本作はストイックな西部劇を今どきの編集手法で戦争映画に脚色したハイブリッド映画だとも言われています。
細やかなディテール、描写の拘りが女性監督ならでは。
とにかく緊迫感が半端じゃないです。手持ちカメラや主観映像などを効果的に使って、自分もそこにいるような感覚にさせられるんですね。
ストーリー性は薄いですけど、反米、反戦を描いているというよりは戦場と人間を描いていると思います。戦場から去る人と戻る人、それをミッションカウンドダウン日数の表記で見事に描いています。
主人公はアメリカに帰国するけど「やっぱり爆弾処理が好きなこと(戦争は魔薬!)」ということでまたイラクに戻っちゃいますが。。
製作費は約16億円。カメラは低予算のため、スーパー16ミリカメラが使用され、同時に4台以上のカメラで撮影するスタイルを取り、その結果、撮影されたフィルムは200時間に及んだといいます。俳優達は、実際にアメリカ軍の軍事訓練を受けて撮影に臨んでいるんですよね。
この時期「アバター」ではなくアカデミー賞を多く受賞したのもなるほどですね。

戦時下のイラク・バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描くサスペンス・ドラマ。タイトルはアメリカ軍のスラングで「苦痛の極限地帯」、「棺桶」を意味する。監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。第82回アカデミー賞では作品賞以下6部門を受賞、ビグローは女性で初めての監督賞受賞者となった。出演者はジェレミー・レナー
アンソニー・マッキーなど。
これはイラク戦争中のアメリカ軍爆弾処理班を描いた映画だ。

主人公のジェームズは、とても奇妙な男である。爆弾処理の腕は確かなものなのだが、爆弾処理に熱中するあまり仲間と繋がる無線を切ったり、自分が手を出さなくてもいいような任務に突っ込んだりする。そして、自分が処理した爆弾の一部を大切に箱の中にしまっているのだ。だが、どこかこの男には哀愁が漂っている。
彼はなぜこんな男になってしまったのだろうか。そして、銃弾が飛び交うイラクで、彼は生き残れるのだろうか。


キャスリンビグロー監督作品を見たのは三度目だが、一貫して言えることは、とにかく臨場感が凄まじい。非常に骨太の映画だ。なのに、この映画に限っては普通の映画より低予算らしく、人件費もかなり削っているように見受けられる。だが、そんな状況の中でも、この名作は誕生した。映画に関わった全ての人の熱い思いをひしひしと感じる作品だった。

なお、キャスリンビグロー監督は、この作品で、女性で初めてアカデミー監督賞を受賞する。彼女が映画史に残した足跡は非常に偉大なものだろう。
TOMOYA

TOMOYAの感想・評価

3.5
いい緊張感でした。
再見。

10年前に観た時よりも戦争が身近に感じる昨今。

ラスト男が再び戦場に戻ったその理由……その解釈……

映画としても「その理由」部分を描かなかったその理由……
戦場での爆弾処理班。狂ってるのは自分か環境か…
結局、残るのは戦場でしか生きられないという事実?切ない。
ジェレミーレナーがタフな処理班を演じてます。かっこいい。
アントニーマッキーと共演してるのが個人的に気に入りました。
見よう見ようと思ってた作品。ようやく見れた。
自分の好きなジャンルの映画だった。
まあまあ面白かった。
>|