SHiN

007/ロシアより愛をこめてのSHiNのレビュー・感想・評価

007/ロシアより愛をこめて(1963年製作の映画)
3.5
前作のボンドガールが個人的に残念だったので、その分今回のボンドガールがより良かった。
スペクター内での序列に例えるなら、エヴァ・グリーンがNo.1で、No.2がこのダニエラ・ビアンキ(御年73歳)でしょう。
正直お付き合いしたいレベルで美しいプロポーションに、ちょっぴり低いけどセクシーな声。金髪スレンダーボディに少し大きめの口。ワインに薬を入れられてホロホロになってしまう仕草はまさにセクシー。
およそ半世紀前でもその当時の美しさは時代を超越するのだなと思った。

この作品、もう一人ボンドガール(?)がいてそっちの印象がまた強いというか面白い(笑)。
ボンドガールと言って良いのか甚だ疑問、もしかするとダメな気もする。でも女性だし重要な役回りなので敬意をこめてボンドガール扱いにしちゃいます。No.3。
スペクターNo.3って言ったらかなりお偉い部類だと思われ、会社で言うなら会長社長につぐ役職。なのにそんなオーラなんて全然なくて、ただただブラック企業に勤める上司の無理難題を一心に受け止め、がむしゃらに冷や汗を垂らしまくってがんばる熟女(見た目はもう定年して年金暮らしでも良さそう)だった。あの頑張りの最期は少しだけ胸を打つものがあった。

他にも、マネーペニーの盗聴とかちょっと笑えたり、コネリーボンドは軽くて結構好き。彼のあの少しアヒルっぽい口も(^^)