007/ロシアより愛をこめてのネタバレレビュー・内容・結末

007/ロシアより愛をこめて1963年製作の映画)

FROM RUSSIA WITH LOVE

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.6

「007/ロシアより愛をこめて」に投稿されたネタバレ・内容・結末


シリーズ第2作。スペクターってのは悪の大元なんだと、ようやく理解できた。多分、1作目と2作目をマトモに観たの初めてかも。それにしたって、ボンドガールは自分の任務を遂行せず、ボンドにメロメロになって、あっさり任務放棄しやがって…お叱りものだぞ!

ロシアの差し金だったダニエラさん。ボンド側に寝返り祖国を裏切る。ダニエラさんの不始末を女上司にさせておいてダニエラさんが言い放った言葉がなんと

「怖い女ね」

お前が怖い女じゃ!どの口が言っとるんじゃ!とツッコんでしまいましたん。
オープニングのかっこよさ
渋カッコいい

でも背景思いっきりビデオやん、、
スペクターの恐怖

ラストの毒針キックは
笑えた
観ました。

やはりB級感。
話の運びがシリアスな二作目。
猫が喋ってるように見える悪の組織スペクターが登場!
靴の仕込みナイフが足が短すぎて届かないおばあさんが良い。
ブリーフケースとか靴とか、隠し○○系アイテムが出てくるのってここからなんだなぁ!シリーズ1・2本目を見て、最新作のスペクターってこれかーってなったけど、順番に見るつもりだからダニクレさんにたどり着くのはまだまだ先になりそうだ。この先どんなおもしろガジェットが出てくるかな~♪
ヒロイン最後にボンド助けて死んじゃうかと思ったけどそんなことはなかった、よかった。007見にやっと手を出し、ドクター・ノオでショーン・コネリーの若いころを初めて見た。わっか!!!眉毛は確かにショーン・コネリーなんだけど!wもう50年以上前の映画なんだなぁ…。
スペクターがボンドへの復讐でリベンジポルノを企てたことにクスッときました。
なんでこんなにオープニングクレジットかっちょいいんだ。

クレッブ大佐の最後の取って付けた感、クスッときた。
幹部なのにあんな小物みたいな手段しか最後に残されてないのはなんとも

ラストぐらい合成じゃなくても……
それで評価だだ下がり。
>|