007/ロシアより愛をこめての作品情報・感想・評価 - 3ページ目

007/ロシアより愛をこめて1963年製作の映画)

FROM RUSSIA WITH LOVE

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.6

「007/ロシアより愛をこめて」に投稿された感想・評価

007シリーズ第二作目。
タイトルが好きです。同じタイトルが、
『ルパン三世』にもありましたよね。
ロシアっていうと、なんとなく愛をこめたく
なるのでしょうか⁉️

中には、タイトル負けもありますが。
『007は2度死ぬ』とか、
開始10分で生き返るし💦嫌いじゃないけど‼︎

秘密道具の使い方も好きなんです。
ロジャー・ムーアの『死ぬのは奴らだ』では
秘密道具がマグネットウォッチだけ。
しかも女の服を脱がすために使って、
アホらしい。嫌いじゃありませんけれど😍

最初からわかっていることと言えば、
『ウルトラマン』と同じで悪は最後に滅びる
という話を毎回『007』は提供している。
それでも飽きられないって凄いよな💫

結局007は、ショーン・コネリーしかいない
というのが結論。
エロそうで、悪そうな感じで。魅力的です❣️

女の揺れる腹の上に “Sean Connery” の名前が映し出されるタイトルバック。
オオッと、感激したものです。女の体に字を映写するなんて、どエロ加減まで完璧だ💖

「猛烈に優秀だが、酒と女にだらしない」
007像にショーン・コネリーはぴったり。
こういう男になりたいものである‼️

あのテーマ曲を聞いてると、
僕もスパイになりたいと思えてくる 💯
よく話が分からなかった。
おもろい。
ボンドの絶倫っぷりは相変わらずやけど、あの面白スーツケースとかガジェット萌え要素が増えたしスパイアクションとしても一作目よりパワーアップしてて良かった。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
シリーズ屈指の名作とのことですが、ストーリーは単純でアクションもわりと小さくまとまった感じ。謎めいた美女と黒幕、秘密の武器、風光明媚な舞台など、これがスパイアクション映画のテンプレートがこれで完成したんでしょうね。「オースティン・パワーズ」や「ジョニー・イングリッシュ」の元ネタとして押さえておいて損はないかな、とは思います。

それにしてもボンドガールのダニエラ・ビアンキがなんと美しいことか! 気品があるのに色気もある。この作品の魅力はもうほとんど彼女によるところが大きい。
ダニエルクレイグよりショーンコネリーの方が渋くてカッコいい…!
0.6点分は、ダニエラ・ビアンキの美しさです。
ka28mar

ka28marの感想・評価

3.0
007 シリーズ2作目

ショーンコネリー

欧米文化
大人の世界

映画…洋画
スパイ

[H-ac] OS劇場
ikumi

ikumiの感想・評価

-
色男に拍車がかかり始めた第2作。誰も信用できない後半は目が釘付け!私はこの時代を生きていないから本当にはわからないけど、当時の空気感もはらんでいるようなしっくり感が好き。
tori

toriの感想・評価

4.0
「From Russia with Love」 

初見時
エキゾチックな響き@冷戦真っ只中
原題が中学英語でも理解でき興奮した

聞きなれたテーマ曲
男の子永遠の憧れであるスパイセット
同僚事務系職員にまで手を出すwomanizerぶり
007中とりわけ古典かつ純正

おまけに失われたイスタンブール
オリエント急行での旅情まで楽しめる

50年前のショーン・コネリー
今とだいぶ違う
「インディ・ジョーンズ」とか「理由」を途中に挟んだら繋がった