重力ピエロの作品情報・感想・評価

「重力ピエロ」に投稿された感想・評価

中学時代、よく伊坂幸太郎を読んでいました。文章は覚えていないまでも、あぁこんなセリフあったなぁ、なんて懐かしく感じてしまいます。

原作から脚本へと落とし込まれてもだいたいのセリフまわしは伊坂幸太郎作品のままで、問題はこれを映像化した時に失われる原作を読んだ時の想像力の崩壊。原作に慣れ親しんだ人だと、こんな感じじゃなかったかも、と感じる人もいるはずです。そもそも、伊坂幸太郎は伏線の張り方がとてもうまいんです。これが2時間の映画になってしまうと少し伏線が分かりやすくなってしまっている印象。あと、映像的な説明過多も一因でしょう。そこのカットが無くても分かるのに! というのがやたら多いですね。親子鑑定のパーセンテージや部屋の中の人物のポスターの一致など。
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.5
ハルが二階から落ちてきた
知人の勧めもあって伊坂幸太郎作品の本作を鑑賞。

仲の良い兄弟と優しい父親との家族だが、実は複雑な関係性で、暗めのストーリー展開。最後は少しだけ救われる。

脚本も演者も申し分ないのだが、おそらく活字で読んだ方が何倍も面白いのだと思った。
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.6
原作未読だけど、
読みたくなるような映画だった。

岡田将生の何考えてんのか
分かんない感じ良かった。
Kyaso

Kyasoの感想・評価

3.5
岡田将生が上手い
aoi

aoiの感想・評価

-
記録。
れに

れにの感想・評価

3.7
おもろい
面白いけどリアルっぽい話なのに適当に殺人を正当化しちゃったら雑な感じがする
チンパンジーでもわかるリアルっぽいタッチと思えばすごいいいかも
>|