Aika

キング・オブ・コメディのAikaのレビュー・感想・評価

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)
4.0
こいつはヤバい。

あっこの人話通じないな、とか
空気読めなぁこいつ、とか
あなたの周りにいるそんな人たちを想像して下さい。

その人たちを10人束ねて濃縮還元したのがルパート・パプキン。夢はキングオブコメディ。

現実と、まるで現実のような妄想を繰り返し見せられ、観客はパプキンに翻弄される。
願望は口に出すべきだなんて言葉があるけど、彼は願望を全て現実とすり替え周りに自慢する。
それも本気で事実だと信じてる。
その姿は笑えるし痛い。でも同時に寒気がする。
ほんとにヤバいぞこいつ。

スコセッシ監督×デニーロだと「タクシードライバー」が浮かぶけど、現実が全く見えず、悲しさや虚しさ、マイナス感情が完全に欠落してるパプキンの方が、トラヴィスより怖いかも…

ラストシーンも現実なのか幻想なのか、どちらともとれる。
ここまで来たらアメリカンドリーム、パプキンに見せてあげたっていい。
だからあれは本当だって、私も信じてる。