kaito

キング・オブ・コメディのkaitoのレビュー・感想・評価

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)
4.3
マーティンスコセッシとロバートデニーロの「キングオブコメディ」。個人的には、タクシードライバーの方が僅差で好きだがこのキングオブコメディもかなり面白かったと感じた。

「キングオブコメディ」
超人気コメディアン ジェリーの1ファンであるパプキンが彼と同じようなコメディアンになるための過程をかなりコミカルに面白おかしく描いた作品。特に冒頭にあった、妄想の中でジェリーと会話をするシーンがかなり面白い。主人公のパプキンがかなり楽観的な人だから、映画自体も全くシリアスなトーンじゃなく、とにかく明るい映画。クライムシーンはもちろんあるものの全くシリアスなトーンじゃない。でもそれがこの映画にとっては、正解な気がする。いやあ、でもこういう事件ってありそうでこわいね。その人に憧れすぎたゆえ、その人に取って代わろうとするなんてあり得ない話かもしれないが。こういう犯罪心理って未知数だと思うんだ。凡人には理解しがたい心境を犯罪者は持ってるわけだし、そういった意味では、パプキンは一種のサイコパスだと思う。でもその彼に、惹かれてしまうんだから恐いけど面白いんだよね。


オススメの一本です。