だーじりんほらー

キング・オブ・コメディのだーじりんほらーのネタバレレビュー・内容・結末

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

ビックマウスで滑稽な主人公が痛くてよかった。

能力と夢のギャップ、そこから来る現実逃避的な過大妄想、周りの目、どれも痛々しくて良かった。
偶像と現実もテーマにあるようだった。
最後のパプキンの漫談が自分の痛々しい過去とかをジョークにしていて切なくなった。
「どん底で終わるよりも一夜の王」
最後の有名になったものの実力がなく、固まっているシーンが良かった。
次はデニーロアプローチという言葉が生まれたレイジングブルを観たい。